断酒と断捨離と不労所得と

FXトラリピと株価指数CFDトレードの不労所得でセミリタイヤを目指しています 

CFDトレード話

株か?FXか? CFDとはどんな投資なのか?

投稿日:

CFDに興味を持つ投資家の出自はおおむね次の3通りに分類できるようです。

・F×をきっかけとしてレバレッジ商品に興味を持ち、CFDぺと流れてくる人

・株式投資をやっていたものの、海外株に興味を抱いたり、資金効率の高い商品を求めたリしてCFDを始める人

・これから本格的に投資を始めようとする未経験者

皆さんもこの3つのどれかに当てはまるのではないでしょうか。CFDは取り扱う市場の範囲が極めて広範で、また投資家それぞれの経験や考え方によってさまざまな活用方法が考えられる商品ですから、勝つための方法もさまざまなタイプに分かれてきます。

投資未経験者はもちろん、株や為替の経験があるからといって、同じような感覚でCFDに取り組もうとすると、思わぬケガをしかねません。そこでまず、株・FX経験者への注意を喚起するとともに、他の投資商品と比べた場合のCFDの魅力について、説明していきましょう。

まずCFDで取引できるメインフィールドとなる株式市場と、FX投資家が庭とする為替市場を比べてみましょう。

このふたつの市場には、さまざまな違いがありますが、もっとも本質的な違いは株式投資がプラスサムの市場であるのに対して、為替の世界はゼロサムの世界であるということです。これについては言葉の説明が必要でしょう。ゼロサムとは一方が10の富を得れば、他方が10の富を失うような世界です。通貨それ自体は付加価値を生むものではないため、為替市場全体で見ると、どれだけ年月を経ても、取引規模が拡大することはあっ
ても、市場参加者全体の富の総和が増えることはないのです。一方で、株式市場はプラスサムだと説明しました。株式は企業の利益を源泉として価値が決まります。企業の利益が増えれば、その株の付加価値がln向まったことになります。為替市場では、市場参加者すべてが儲かることはありえませんが、株式市場では市場全体の時価総額が増えれば、理論的には市場参加者全員が儲かることもありえるのです。

また、株の世界には適正水準という言葉があります。ある会社の株に対して、いくらくらいの株価が妥当かという水準です。具体的なモノサシとして利益面でのモノサシであるPER(株価収益率)や資産面でのモノサシとなるPBR(株価純資産倍率)といったツールも用意されています。「A社株はPERが15倍を割ったから割安だ」といった解説ができうるのです。ところが、為替市場では、購買力平価や実効為替レートといった、 一応のモノサシはありますがそれほど頼れるものではありません。「PPP(購買力平価)を見ながらデイトレードに精を出している」なんていう人は皆無でしょう。

適正水準という概念がきわめて希薄な為替市場では、参加者の動向や市場のムードをテクニカル分析によってたしかめることがトレードで勝つための最短ルートとなるからです。

では、株式市場が中心となるcFDでは、株式投資の考え方で市場に立ち向かえばよいのでしょうか。残念ながらそうではありません。CFDでは、株式や株価指数の買いポジションを持つことで支払い金利が発生しますから、長期で保有するのであれば現物株のほうがいいということになります。CFDでは、短期からせいぜい中期のトレード、それも売りであれば金利を受け取れますから買い一辺倒ではなく買いも売りも柔軟に交えて、アクティブにトレードしていくことが求められます。

また、先ほど株式市場はプラスサムのゲームだと書きましたが、それは長期で見た場合の話です。短期的に見ると、株式市場もゼロサムゲームの様相が色濃くなってきます。短期的には、株価も参加者の動向や市場のムードで上がり下がりをします。その結果、PERやPBRと比べて過剰に割高になったり、割安になったりし、適正水準というモノサシの効き具合も弱くなります。 となると、短期、中期的に見た株式市場はむしろ為替市場に近い性質を持つことになります。私たちがcFDでトレードするときも、長期の株式投資のマナーではなく、株のデイトレ、あるいはFXに近いマナーでもって臨む必要があるのです。

-CFDトレード話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

引け際はスイングで勝負!

デイトレのつもりでエントリーしても、場中に思ったように値が動かない日もあります。そんなときは、ポジションを潔く手仕舞って、スタンスをスイングに切り変えるのも手です。 そもそもチャート分析は、少し先のス …

CFDを現物株や投信のヘッジに使う

ここまで、CFDの2つの大きなメリットとして、取引対象の幅広さ、資金効率の高さについて解説してきました。最後に忘れてはならないのは、そうした2つのメリツトを最大限に活かしながら、買いでも売りでも臨機応 …

ゼロサムゲームで勝つのは少数派か?多数派か?

ゼロサムゲームで勝つためにどんなことが必要になると思いますか? CFDであれFXであれ、ゼロサムゲームの世界には、ふたつの人種しかいません。勝者と敗者です。ゼロサムゲームで勝つためには、敗者にならなけ …

初心者がはまる移動平均線の落とし穴

大変便利な移動平均線ですが、初心者の方ほど、トレンドフォローの原則を忘れてしまいがちです。先ほど、移動平均線よりもレートが上にあれば割高、下にあれば割安と説明しました。「割高であれば売りが正解ではない …

実はとっても簡単なCFD取引の仕組み

FXのように、証拠金を担保に大きな取引をすることをレバレッジ取引といいますが、cFDも同じしくみです。自己資金をcFD業者に担保として預けることで、その資金の数倍から数百倍の額の取引をすることができま …

Count per Day

  • 623468総閲覧数:
  • 46今日の閲覧数:
  • 92昨日の閲覧数:
  • 27今日の訪問者数:
  • 60昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング