簡単なお金の増やし方

FX初心者でも簡単に始められるトレード手法を公開&毎日のトレード結果を解説

CFDトレード話 FXデイトレード話 お金の増やし方

資産運用の神手法!米国ETFを定期買付すれば間違いない?!

投稿日:2021年2月26日 更新日:

米国ETFをコツコツと定期買い付けする4つのメリットと

具体的方法について解説していきます

米国ETFにコツコツ自動積立というね要素をプラスすると

初心者でもできる資産運用の勝ちパターンの一つになるんですね

まずこの米国 ETF とはってことなんですけど

投資信託とETF の違いを確認したておきましょう

投資信託っていうのは

複数の投資家からお金を集めて

資産運用のプロが株式とか債券に投資をして

お金を増やすということですね

この運用のプロがまとめて運用する感じですね

このことファンドって言うわけです

投資信託には次のようなデメリットがあるんですね

少額から購入できると

みんなでお金を集めて買うんで

普通1つの株を買うのに

例えば100万円かかるとしても1人だったら

100社に投資しようと思ったら1億円かかっちゃうわけなんですけど

みんなからお金を集める

一人一人の出資額は少なくて済むんです

少額から購入できると

仕組み的に分散投資によりリスクを下げられると

1個買うわけじゃなくて基本的にはたくさん買っていく

その代わりに手数よ払うわけです

投資信託を証券市場で

誰でも自由に売買できるようにしたってのがETF

だから上場投資信託って言われるんです

この投資信託とETFの違いは何かというと

投資信託の方は上場してないんです

ETF は上場したことによって

コスト面に違いが生まれているんです

ETF は普通の株と同じような買い方ができるんです

それからコスト面音なんですけど ETF の方が

投資信託より低コストなんですね

例えばこの VT っていう ETF を使えば

これだけで世界中の株式で主要な約8,000銘柄、

世界中の株式に投資することができる

米国の証券市場には

世界中から優良な金融商品が集まってくるんで

この米国 ETF を使えば

界中の市場にアクセスできるってことですね

この ETF を運用しているのは

ヴァンガードっていうところと

ブラックロックと

ステートストリートになってきます

この3社くらいです

この3社の運用総額は1000兆円にのぼるんですんね

日本の資産運用会社とはもうまさに桁違いなんですね

日本の一部で話題になっている投資っていうのは

宣伝が上手いだけで全く中身のない

つまりぼったくり金融商品

そんなものに目を奪われている暇があるんだったら

この3社が作ったファンドを買っていく方がもう断然いい

日本の一部で話題なってる投資なんて

世界の機関投資家ねプロたちは見向きもしない

情報弱者のための投資商品だから

華麗にスルーしてブランド力のある米国 ETF を物色しましょう

 

この米国 ETF を定期買い付けする4つのメリットを説明しましょう

資産運用の鉄則は次の3つ

手数料できるだけ払わないこと

税金をできる限り払わないこと

目的に合うアセットアロケーションにするってこと

アセットアロケーションとは資産配分比率のことですね

例えば株式とか債権とか不動産とかゴールドとかっていった資産を

どの分配どろいどの比率で配分していくかっていうことですね

米国 ETF はねこの手数料、アセットアロケーション

この2つを考えたときに非常に便利なツールになるんですね

さらにコツコツ自動積み立てて要素をプラスすると

非常に優れた投資手法がね完成するんですね

メリットは次の4つ

低コストの優良ファンドに投資できる

アセットアロケーションの調整が容易

ドルコスト平均法によりリスクを下げられる

4つ目はとにかく楽

 

低コストの有料ファンドに投資できるんですね

米国 ETF っていうのは超低コストなんですね

この最安クラスだったら信託報酬は0.03%

ぐらいなんですよ1000万円で

年間3000円の手数料ですので

1日当たり8円払うだけでいい

投資の世界はいいファンドほどね手数料が安い

日常のサービスって一般的に

手数料が高いサービスのほうがいい

だけどこの投資の世界いっていうのはこれがね真逆

高い手数料を払っているから丁寧に電話の窓口で対応してくれるとか

求めてるのはそこじゃないからね

一番大切なのはそこじゃなくって

ちゃんと資産が増えるかどうかなんですよね

いいと思いますで米国 ETF の運用総額ランキングでね

上位に入るような前は人気ファンドっていうのはどれ

の信託報酬がも0.03%から0.1%程度と激安

世間では信託報酬が1.5%を超えるような

ぼったくり投資信託もたくさん未だに売られてるんですね

この場合1000万円投資したら年間15万円の手数料とかがかかる

低コストで優良ファンドに投資できるというのが

メリットの一つ目

2つめはアセットアロケーションの調整が簡単なんですね

この米国 ETF を活用すれば

銘柄はあんまり増やさずに

幅広い資産に投資することが可能なんです

ETF で全世界の株式、債券、不動産系資産に投資することができる

例えば100万円のうち

60万円分を全世界の株式を買って

100万円のうち15万円をこの米国総合債券ね

さらにまた15万円を先進国の債権買って…

という感じです

この ETF は市場でリアルタイムに売買できるんです

比率の調整も楽チンで

パッと全体像が把握できで

パッと見直し出来る

個別株ではこんなことをしようと思っても

絶対に不可能ですね

3つ目がドルコスト平均法により

リスクを下げられること

ドルコスト平均法は定期的かつ継続的に

一定額で金融商品を購入し続ける投資手法ということですね

株価が高いときには少ない量しか買えない

例えば毎月月末に5万円ずつ購入するよって決めると

株価が高くなったら5万円分しか買えないんで

少ない量しか買えない

でも株価が低いときには5万円買うから

多い量を買えることで

この購入単価をならすってことが可能

一発勝負で大きな買い付けをして

100万円とか1000万とか

手元にあるものを一気にどーんと入れちゃうと

もしもその後落ちてしまうとショックだから

毎月毎月コツコツ買うことによって

もしも今が一番高いときであったとしても

安い時もちゃんと買っていける

リスクの分散ができ

結果大きな損失を被るリスクを回避できる

というのがこの一番いいところなんですね

株価の変動リスクと

為替の変動リスクというのがあるんですけど

これら両方を程度抑えられる

国が作ったこの優遇税制である

積み立てnisaでも

ドルコスト平均法の考え方が採用されているわけですね

毎月毎月いくらとかって買い付けていけるんでね

ドルコスト平均法の気をつけるべきところは

最終的に資産価格が右肩上がりになるものを

買い続けないと意味がないということ

右肩でずっと下がっていくってんだったら

いくら分散して買ったところで

結局やすくなってしまうんで

ドルコストであっても意味がないという事ですね

4つめ

とにかく楽、自動積立の設定が済めば

あとはほとんどやることがないんですね

どう積立の設定が済めば

その後はほったらかしで ok

お金がお金を増やしてくれる状況を作ることができるってことです

このメンテナンスとして1年に1回ぐらい

アセットアロケーションを見直せば ok

資産運用の世界ではね動けば動くほどお金がります

手数料がかかるからね

この米国 ETF を自動積み立てする具体的な方法ね

SBI 証券を活用するっていうのがベスト

この米国 ETF を自動積み立てするるって事は

金融教育を全くしてもらえないこの日本の教育のなかにあって

金融リテラシー上位数パーセントの投資手法ですよね

これだけ優秀な投資手法であるにもかかわらず

実際にこの米国ETF を定期買い付けしようと思うと

これができる証券会社が一つしかないんです

これがSBI証券なんですね

最後にこの SBI 証券で米国 ETF を自動買い付けする方法を

さらっと解説

SBI証券で米国ETF自動買い付けする方法はね

次の4ステップです

1、銘柄を決めましょう

VT とか VTI とか VO みたいな銘柄がお勧めです

VTだったら世界中の株式を集めたファンド

VTIだったらアメリカの企業約4000社

アメリカの企業全体もまるっと買っちゃうみたいな感じです

VO が s&p 500

アメリカの企業500社に投資する感じ

S&P 500っていうのがほぼ骨この VTI でも中身はほぼほぼも sd 500

株式市場全体を

構成銘柄の時価比率で保有しようっていう考え方ですね

2つ目が買い付け日を指定するんですね

設定日としては日付を指定すると

か曜日を指定するとか

ボーナス付きを指定するとかといった感じで

好きに設定することができる

まぁこれは好みでやってもらっていいんじゃないかなと思います

最後に株数または金額を指定するわけですね

毎月25日に100株買ってくださいとか

毎月25日に3万円分買ってくださいみたいな

それから円貨決済か外貨決済かを指定するんですけど

このあたりは好みに応じてやればいいのかなという感じですね

 

設定自体はめちゃくちゃ簡単なんですね

何を積み立ててるかっていうのを

選ぶ方がちょっとよっぽど悩ましいところですね

何を買うかを決めてしまえばあとは簡単

この米国 ETF の定期買い付けができるのは SBI証券だけなんで

インデックス投資をやってみたいとか

投資信託よりもETFを直接市場で売買したいとか

分配金は別なものに再投資したり引き出して使ってしまいたいとか

できるだけ手間をかけずに資産形成していきたいとこういう人は

口座開設するメリットが多いにあるかなと思います

現在は最低手数料が撤廃されてて

誰でも少額から使えるね素晴らしいサービスになってきたところで

非常にいいんじゃないかなと思いますね

便利なチャート機能tradingviewこちら

手法についてはこちら

 

-CFDトレード話, FXデイトレード話, お金の増やし方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

マルチモニタ考

マルチモニター・・・ 私は3画面が限界です。 これ以上になると,把握できなくなります。 6画面,8画面,9画面ものモニタを並べて 相場の動きを観察しているとレーダーを見ると 心底尊敬します。 私はたく …

合わせ技で使いやすいADX

今回紹介するのはADXです。初心者の方には少しむずかしいと感じるかもしれませんが、とても有用で応用のきく手法なので、ぜひがんばってマスターしてください。 RsIなど、さまざまなテクニカル分析を発明した …

no image

私のトレードを支えているもの

mimizukuさんのブログ FXトレーダー入門 http://ameblo.jp/senngyou/entry-11002760795.html ロジックや手法を教えてくれるわけではありません。 し …

日本人だから日本株が有利は間違い

この数年、投資を始めてみようかなという人が、目立って増えてきていますが、そうした人たちが陥りやすい落とし穴があります。それは「日本人だから日本の金融市場へ投資する」という前提です。 株式投資では「銘柄 …

no image

シンプルチャートでシンプルトレード

私はシンプルなチャートが好きです。 あまりインジケーターが多いと混乱してしまいますし, シンプルなチャートのほうが 複数の通貨ペアを監視しやすいという利点もあります。 インジケーターだらけのチャートだ …

Count per Day

  • 617347総閲覧数:
  • 17今日の閲覧数:
  • 51昨日の閲覧数:
  • 17今日の訪問者数:
  • 34昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:
2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930