投資と断酒とミニマリスと 

INVETSING and SOBRIETY and MINIMALIST

マネーの話

恒大集団危機!ウォール街の中国投資は大丈夫か?Hengda Group Crisis! Is Wall Street’s investment in China safe?恒大集团的危机! 华尔街在中国的投资是否安全?

投稿日:

恒大集団危機!ウォール街の中国投資は大丈夫か?

投資に関する有名な格言に「人の裏に道あり、花の山あり」というものがあります。現在、米国の個人投資家はこの格言を実践しているようだ。

バンダリサーチ社によると、米国の個人投資家は7月19日、デルタウイルスの感染拡大を懸念してダウが725ドル急落した直後に、約22億ドルの株式ファンドを購入した。当時、S&P 500に連動するETFであるSPDR S&P 500 ETF Trust(SPY)への流入額は、過去最高の4億8,000万ドルを記録したという。

9月20日、総負債額1兆9665億元(33兆円)の中国大手不動産開発会社「恒大集団」のデフォルト(債務不履行)懸念により株価が615ドル下落した際にも、個人投資家は同様に約19億ドルの株式ファンドを購入し、SPYとインベスコQQQトラスト・シリーズ1(QQQ)への流入額は過去最高の3億3700万ドルに達しました。SPYとInvesco QQQ Trust Series 1(QQQ)への流入額は3億3700万ドルに達した。偶然にも、7月と9月の急落時には、週末を挟んで2営業日連続で下落し、市場が悲観的になりかけていた時期に、市場は逆張りを試みた。

9月24日になると、ダウとS&P500は3日連続で上昇し、短期的には戦略が功を奏したことがうかがえる。これは、恒大集団が9月22日に、9月23日に償還期限を迎える人民元建て社債の一部の利払いを2億3200万元(約39億円)行うと発表し、下落に歯止めがかかったからである。

また、ブルームバーグは9月23日、中国の金融当局が恒大グループに対し、ドル建て社債の短期的なデフォルトを回避するために全力を尽くすとともに、個人投資家への借入金の返済や建設中の物件の完成を求めたと報じました。この情報に支えられて、7月22日にはダウとS&P500が5営業日ぶりに反発し、7月23日にはS&P500が50日移動平均線を回復した。これは、7月の急落時に起きたことと同じです。

しかし、恒大グループのデフォルトリスクは解消されておらず、9月23日には2010年3月期のドル建てオフショア債の利払い83.5百万ドル(約92億円)、9月29日には2012年3月期の社債の利払い47.5百万ドル(約52億円)が予定されています。

これらの支払いには、それぞれ特別条項に基づき、支払いの遅延が債務不履行とみなされるまで30日間の猶予期間が設けられていますが、恒大グループはまだ説明を行っていないため、状況は極めて不透明です。

恒大グループの負債総額は中国のGDPの2%に相当し、ニュースやSNSでは、ミンスキー・モーメント(資産価格が突然急落し、借金返済のために資産の売却を余儀なくされ、負のスパイラルに陥ること)になぞらえて、「中国版リーマン・ブラザーズ・モーメント」とセンセーショナルに報じられています。中国版リーマン・モーメント。しかし、ウォール街は第2のリーマンショックを予想していません。

アライアンス・バーンスタインのアジアの債券部門の共同責任者であるジェニー・ゼンによると、恒大グループは業界第2位とはいえ、シェアは4%程度で、ディスカウントなどの影響で現在はそれを下回っているという。中国の不動産セクターにドミノ倒しが起きても、リーマンショックのような世界的な危機を引き起こすことはないだろう。
米国でリーマンショックを経験した私が気になるのは、当時、「住宅市場は米国のGDPの5%程度しか占めていないから、大きな危機になることはない」というエコノミストの分析を思い出したことです。

INGのアジア太平洋地域のリサーチ責任者であるRob Carnellは、リーマン危機の再来などのシステミックリスクへの警告は「率直に言って、大げさだ」と言う。リーマン・ブラザーズには金融資産があるが、恒大グループには土地という物理的な資産があり、開発を終えて土地を売ることができれば、資金不足は解消されるという。

マッコーリー社のチーフエコノミスト、ラリー・フー氏は、「恒大集団が保有する土地は優良物件で構成されており、住宅プロジェクト全体の価値は1兆4,000億元(約24兆円)で、債務総額の約70%に相当する」と試算している。また、中国では土地は国有であり、地方政府から期間限定の使用権を購入し、認可を得て開発することができるため、地方政府が供給をコントロールしているも同然である。そのため、「金融資産よりも透明性・安定性が高く、不動産価格が暴落するリスクは低い」と分析している。

しかし、野村證券によると、9月に入ってからの12日間の土地取引量は90%も減少しており、他の不動産業者にとっては、落ちているナイフを拾うようなものだという。

真っ暗なトンネルの中に光明があるとすれば、それは中国の住宅在庫だ。オーストラリア・ニュージーランド銀行によると、現在の在庫水準は販売の1年半分に相当するものの、前回住宅市場が低迷した2015年の2年半を大きく下回っており、少なくとも当時のような供給過剰の状態にはなっていません。
他のウォール街のオブザーバーは、これはリーマンショックの再現というよりも、LTCM危機に近いのではないかと指摘している(LTCM危機とは、1998年に発生した世界最大のヘッジファンドの経営危機である。(LTCM危機は1998年に発生した世界最大のヘッジファンドの危機で、当局が主導し、大手金融機関が共同でゆっくりと解体していった)。

中国人民銀行がLTCM危機時のFRBのようなスピードで3ヶ月間に3回の利下げを行うかどうかは定かではありません。しかし、中国人民銀行は積極的に資金を供給しており、9月22日には供給額を1200億元(約2兆円)に拡大した。期限切れの300億元を差し引いた純額は900億元で、8月に供給した100億元を大きく上回り、市場の安定化に尽力していることがうかがえる。

キャピタル・エコノミクスのアジア担当チーフ・エコノミストであるマーク・ウィリアムズは、その落としどころとして「管理されたリストラ」の可能性を指摘しています。キャピタル・エコノミクスのアジア担当チーフ・エコノミストであるマーク・ウィリアムズは、「中国恒大が保有する開発用の土地の権益と引き換えに、他の開発業者が未完成の物件を引き受ける」という「管理されたリストラ」の可能性を指摘しています。

2008年8月、中国政府は不動産市場の過熱を抑制するための措置として「3つのレッドライン」を導入し、財務の改善を求めている。2008年8月、中国政府は不動産市場の過熱を抑制するために、「三赤線」を導入し、1)負債比率70%以下、2)純負債比率100%以下、3)手元資金対短期負債比率100%以上という財務改善を求めました。

(恒大グループはこれらの条件をいずれも満たさなかったため、デレバレッジ、業績悪化、株価下落、信用不安などの問題が発生しました)。) また、今年8月には中央財政経済委員会が「共同富裕」「金融リスクの排除」を発表している。このような状況の中で、ウィリアムズ氏は、恒大グループが公的資金を注入することは考えにくい、なぜなら「過剰な借金をして繁栄した時代の申し子」だからだ、と述べている。

9月16日、「恒大時報」の編集長である胡西錦氏は、中国のSNS「WeChat」に「恒大は大きすぎて潰せないわけではない」と投稿し、公的資金を注入するよりも自力で再建すべきだと主張している。
一方、JPモルガン・チェースは、ドミノが他のセクターに降りかかるリスクを回避するために、政府による追加措置が必要だと指摘しています。また、顧客やサプライヤーの利益を守るために、恒大グループが事業を継続する必要性を強調しています。

キャピタル・エコノミクス社のウィリアムズ氏が指摘するように、政府の介入には、政府が仲裁者となって、恒大グループに未完成のプロジェクトを他の開発者に引き渡すよう強制し、同時に土地の権利を提供することも含まれます。

中国政府は、恒大グループが無秩序に崩壊することを望まないだろう。恒大グループは、労働市場で20万人を雇用しているだけでなく、プロジェクト開発を通じて毎年380万人の間接雇用を創出しているからだ。

そのため、中国の金融当局は、債務支払期限の延長を含む恒大グループの提案を承認し、広州政府は、恒大の主要債権者と債権者委員会の設置について意見交換を行っているという。

恒大の債務には128以上の銀行と121のノンバンクが関わっており、9月23日から年末までにドルと人民元で8回の利払いを行っており、その総額はドルベースで約6億8740万ドル(約760億円)に達しています。支払利息の総額は、ドルベースで約6億8740万ドル(約760億円)です。さらに、2022年には約23億7,370万ドル(約2,630億円)が予定されており、難航が予想される債務再編交渉に中国政府が何らかの形で介入する可能性があります。
米欧の金融機関が中国の恒大集団にエクスポージャーしていることは懸念材料だが、9月22日、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は、米連邦公開市場委員会(FOMC)後の記者会見で「これは中国固有の問題だ」と述べた。…… (中略)米国企業による投融資はそれほど多くないため、米国企業部門への影響は限定的である」と述べています。

また、ブルームバーグによると、シティグループの広報担当者は、同社が中国恒大に直接融資しているわけではなく、JPモルガン・チェースやバンク・オブ・アメリカも同様であると述べています。信用調査会社のCreditSights社も、主要銀行のリストに米銀は入っていないと指摘しています。

一方、JPモルガンの分析によると、中国の不動産部門に最も多くの融資を行っている外資系金融機関はHSBCとスタンダードチャータードである。HSBCの企業不動産向け融資額1,195億ドルのうち7.1%がアジア関連、5.5%が香港関連、スタンダードチャータードの193億ドルのうち4.5%がアジア関連です。HSBCの企業向け不動産融資は1,195億ドルで、そのうちアジア関連が7.1%、香港関連が5.5%となっています。

また、ロイター・アナリティクスによると、2020年には中国本土と香港がHSBCの利益の84%、スタンダード・チャータードの利益の81%を占めるという。恒大グループの債権者との債務再編交渉により、債権者が多額の損失を被ることになれば、恒大グループの業績に悪影響を及ぼす可能性があります。

中国の金融市場は、経済の拡大に伴って成長を続けています。中国と香港の市場は、2020年には時価総額で世界の株式市場全体の17.4%を占めるようになると言われています。また、中国の債券市場は、2020年の発行額が5.2兆ドルに膨らみ、米国(9.4兆ドル)に次ぐ世界第2位の規模となります。さらに、中国の10年債の利回りは9月24日時点で2.9%と、米国の10年債の利回り1.5%、日本の10年債の利回り0.05%を上回っています。

米中両国は、トランプ前政権下の2020年1月に第1段階の通商交渉で合意した。合意の条件のひとつに金融サービスの自由化があったが、中国政府は、IT大手や教育関連企業など国内企業への監督を強化すると同時に、米国への開放を進めてきた。

実際、中国政府は2008年4月1日、投資信託事業における外資規制の撤廃を決定した。その結果、ブラックロックは2008年8月21日に中国本土での100%出資の資産運用会社の設立認可を取得し、2009年6月には中国での投資信託事業の運営ライセンスを取得し、中国の個人向けに投資商品を提供できるようになりました。

また、JPモルガン・チェースは本年8月6日、中国証券監督管理委員会(CSRC)から、中国における100%出資の証券会社設立の承認を得たことを発表しました。ダイモンCEOは当時、「中国は世界で最も大きなチャンスの一つだ」との見解を示していたが、恒大集団の債務問題を全く知らなかったわけではないだろう。

ある意味では、米国の金融機関が中国市場で攻勢をかけているときに、恒大グループのデフォルトが発生したのである。

一方で、習近平国家主席は、2022年秋に予定されている党のトップを決める5年に1度の党大会で3期目を目指している。ウォール街が「中国版リーマン・モーメント」を予測していないのは、習政権が経済危機の長期化を回避しようとすることを期待しているからかもしれません。

米系金融機関がこれまで通り事業を拡大していくかどうかは、中国政府の手腕にかかっている。

Hengda Group Crisis! Is Wall Street’s investment in China safe?

“One of the most famous investment sayings is, “There is a way behind every man, and a mountain of flowers. At the moment, U.S. retail investors seem to be living up to this maxim.

According to Banda Research, U.S. retail investors bought about $2.2 billion in stock funds on July 19, just as the Dow plunged $725 on concerns about the spread of the Delta virus. At the time, inflows into the SPDR S&P 500 ETF Trust (SPY), an ETF linked to the S&P 500, hit a record $480 million, according to the report.

On September 20, when the stock price fell by $615 due to fears of default by Hengda Group, a major Chinese real estate developer with total debt of 1.9665 trillion yuan (33 trillion yen), retail investors similarly bought about $1.9 billion in stock funds, with inflows into SPY and the Invesco QQQ Trust Series 1 (QQQ) reaching a record $337 million. The total inflow to SPY and Invesco QQQ Trust Series 1 (QQQ) amounted to $337 million. Coincidentally, during the sharp declines in July and September, the market fell for two consecutive business days after the weekend, and at a time when the market was on the verge of pessimism, the market tried to play the reverse game.

By September 24, the Dow and S&P 500 were up for three days in a row, suggesting that their strategy worked in the short term. This was because Hengda Group announced on September 22 that it would make a partial interest payment of 232 million yuan (about 3.9 billion yen) on its yuan-denominated bonds due on September 23, halting the decline.

 

Bloomberg also reported on September 23 that China’s financial regulator has asked Hengda Group to do all it can to avoid a near-term default on its dollar-denominated bonds, as well as to repay debt to individual investors and complete properties under construction. Supported by the information, the Dow and S&P 500 rebounded for the first time in five business days on July 22, and the S&P 500 regained its 50-day moving average on July 23. This is exactly what happened during the July plunge.

However, Hengda Group’s default risk has not dissipated, as the company is scheduled to make an interest payment of $83.5 million (about ¥9.2 billion) on its dollar-denominated offshore bonds due in March 2010 on September 23, as well as an interest payment of $47.5 million (about ¥5.2 billion) on its bonds due in March 2012 on September 29.

Although each of these payments has a 30-day grace period under special covenants before the delay in payment is considered a default, the situation is extremely unclear as the Hengda Group has not yet explained the payments.

The total debt of Hengda Group is equivalent to 2% of China’s GDP, and the news and social networking sites are sensationally calling it “China’s version of the Lehman Brothers moment”, a reference to the Minsky moment (when asset prices suddenly plummet and people are forced to sell their assets to pay their debts, triggering a negative spiral). The Chinese version of the Lehman moment. However, Wall Street is not expecting a second Lehman shock.

Jenny Zeng, co-head of Fixed Income for Asia at AllianceBernstein, said that even though Hengda Group is the second-largest player in the industry, its market share is about 4%, and is currently less than that due to discounting and other factors. Even if a domino falls in the real estate sector in China, it is unlikely to cause a global crisis like the Lehman shock.
Having experienced the Lehman Shock in the U.S., I am concerned about the fact that it reminds me of the analysis of economists who said at the time that the housing market only accounts for about 5% of U.S. GDP, so it is unlikely to be a major crisis.

 

Rob Carnell, head of Asia Pacific research at ING, says that warnings of systemic risk, such as a repeat of the Lehman crisis, are “frankly overblown. While Lehman Brothers has financial assets, Hengda Group has physical assets in the form of land, and if it can finish development and sell the land, the shortage of funds will disappear, he said.

Macquarie’s chief economist, Larry Hu, estimates that “the land held by Hengda Group is made up of prime properties, and the value of the entire housing project is 1.4 trillion yuan (about 24 trillion yen),” or about 70% of the total debt. In addition, in China, land is state-owned, which means that the local government can purchase the right to use the land for a limited period of time from the local government and develop it after obtaining approval, which is as good as having the local government control the supply. Therefore, it is “more transparent and stable than financial assets,” and the risk of a collapse in real estate prices is low, according to the analysis.

However, according to Nomura, the volume of land transactions in the first 12 days of September has dropped by 90%, and for other real estate agents, it is like picking up a falling knife.

If there is a light in the pitch-black tunnel, it is China’s housing inventory. According to the Bank of Australia and New Zealand, while current inventory levels were equivalent to a year and a half of sales, they are well below the two and a half years of 2015, the last time the housing market slumped, and at least we are not in a state of oversupply as we were then.
Other Wall Street observers have pointed out that this may be more akin to the LTCM crisis than a repeat of the Lehman shock (the LTCM crisis was a management crisis of the world’s largest hedge fund that occurred in 1998. (The LTCM crisis was a 1998 crisis of the world’s largest hedge fund, which was led by the authorities and slowly dismantled jointly by major financial institutions.

It is not clear whether the People’s Bank of China will cut interest rates three times in three months with the same speed as the Federal Reserve at the time of the LTCM crisis. However, the People’s Bank of China (PBoC) has been aggressively supplying funds, and on September 22, it expanded the supply to 120 billion yuan (about 2 trillion yen). After subtracting the 30 billion yuan that was due, the net amount was 90 billion yuan, much larger than the 10 billion yuan supplied in August, indicating that the bank is committed to stabilizing the market.

Mark Williams, chief economist for Asia at Capital Economics, pointed to the possibility of a “managed restructuring” as the fallout. Mark Williams, chief economist for Asia at Capital Economics, pointed to the possibility of a “managed restructuring,” in which “other developers take over unfinished properties in exchange for interests in land held by China Hengda for development.

In August 2008, the Chinese government introduced “three red lines” as a measure to curb overheating in the real estate market, requiring financial improvement: 1) debt to asset ratio of 70% or less, 2) net debt to equity ratio of 100% or less, and 3) cash on hand to short-term debt ratio of 100% or more.

(Hengda Group failed to meet any of these requirements, resulting in deleveraging, worsening earnings, stock price declines, and credit instability.) In August of this year, the Central Finance and Economics Commission also announced “joint wealth” and “elimination of financial risks. Given these circumstances, Mr. Williams said it is difficult to envision Hengda Group injecting public funds because it is “the poster child for the era of excessive borrowing and prosperity.

On September 16, Hu Xijin, editor-in-chief of the Hengda Times, posted on the Chinese social networking service WeChat that “Hengda is not too big to fail,” arguing that the company should rebuild itself rather than inject public funds.
JP Morgan Chase, on the other hand, pointed out that additional measures by the government are necessary to avoid the risk of dominoes falling on other sectors. It also stresses the need for Hengda Group to continue its operations to protect the interests of customers and suppliers.

Government intervention, as Mr. Williams of Capital Economics pointed out, could include the government acting as an arbitrator, forcing Hengda Group to hand over its unfinished projects to other developers, while at the same time offering its land rights.

The Chinese government would not want to see a disorderly collapse of Hengda Group, as the company not only employs 200,000 people in the labor market, but also creates 3.8 million indirect jobs through project development every year.

 

That is why China’s financial authorities have approved the Hengda Group’s proposal, which includes an extension of the debt payment deadline, and the Guangzhou government is reportedly exchanging views with Hengda’s major creditors on the establishment of a creditors’ committee.

More than 128 banks and 121 non-bank institutions are involved in Hengda’s debt, and the company has made eight interest payments in dollars and yuan since September 23 until the end of the year, totaling about $687.4 million (about 76 billion yen) in dollar terms. The total amount of interest payments is about $687.4 million (about ¥76 billion) in dollar terms. Furthermore, about $2,373.7 million (about ¥263 billion) is scheduled for 2022, and the Chinese government may intervene in some way in the debt restructuring negotiations, which are expected to be difficult.
The exposure of US and European financial institutions to China’s Hengda Group is a cause for concern, but on September 22, US Federal Reserve Chairman Jerome Powell said at a press conference after the US Federal Open Market Committee (FOMC) meeting, “This is a China-specific issue. …… (omission) There are not many investments and loans by US companies, so the impact on the US corporate sector will be limited.

In addition, according to Bloomberg, a Citigroup spokesperson said the company does not lend directly to China Hengda, nor do JP Morgan Chase and Bank of America. Credit research firm CreditSights also pointed out that no U.S. bank is on its list of major banks.

On the other hand, according to JP Morgan’s analysis, HSBC and Standard Chartered are the foreign financial institutions with the most loans to China’s real estate sector. 7.1 percent of HSBC’s $119.5 billion in corporate real estate loans are related to Asia, 5.5 percent to Hong Kong, and 4.5 percent of Standard Chartered’s $19.3 billion. HSBC’s corporate real estate lending is $119.5 billion, of which 7.1% is related to Asia and 5.5% to Hong Kong.

 

Also, according to Reuters Analytics, mainland China and Hong Kong will account for 84% of profits for HSBC and 81% for Standard Chartered in 2020. If the debt restructuring negotiations with Hengda Group’s creditors force the creditors to incur significant losses, it could have a negative impact on its performance.

China’s financial markets have continued to grow in line with economic expansion. The Chinese and Hong Kong markets will account for 17.4% of the total global stock market in 2020 in terms of market capitalization. China’s bond market has also swelled to $5.2 trillion in issuance in 2020, the second largest in the world after the United States ($9.4 trillion). Moreover, the yield on China’s 10-year bonds was 2.9% as of September 24, which is higher than the yield on the U.S. 10-year bond of 1.5% and Japan’s 10-year bond of 0.05%.

The U.S. and China reached an agreement on the first stage of trade negotiations in January 2020 under the former Trump administration. One of the conditions of the agreement was the liberalization of financial services, and the Chinese government has been working hard to strengthen its supervision of domestic companies, including IT giants and education-related companies, while at the same time opening up to the US.

In fact, on April 1, 2008, the Chinese government decided to remove restrictions on foreign investment in the investment trust business. As a result, on August 21, 2008, BlackRock obtained approval to establish a wholly owned asset management company in mainland China, and in June 2009, it obtained a license to operate an investment trust business in China, allowing it to offer investment products to Chinese individuals.

JPMorgan Chase also announced on August 6 this year that it has received approval from the China Securities Regulatory Commission (CSRC) for the establishment of a wholly-owned securities company in China. CEO Dimon expressed his view at the time that “China is one of the biggest opportunities in the world,” but he was probably not completely unaware of the debt problems of Hengda Group.

In a sense, the Hengda Group’s default came at a time when U.S. financial institutions were on the offensive in the Chinese market.

 

On the other hand, President Xi Jinping is aiming for a third term at the five-yearly party congress scheduled for the fall of 2022 to decide the party’s top leadership. The fact that Wall Street is not predicting a “Chinese version of the Lehman moment” may be due to the fact that it expects the Xi administration to try to avoid a prolonged economic crisis.

Whether the U.S.-based financial institutions will continue to expand their business as they have done in the past is in the hands of the Chinese government.

恒大集团的危机! 华尔街在中国的投资是否安全?

根据班达研究公司的数据,美国散户投资者在7月19日买入了大约22亿美元的股票基金,在道指因担心三角洲病毒蔓延而暴跌725美元之后不久。 当时,与标准普尔500指数挂钩的ETF信托基金SPDR S&P 500 ETF Trust(SPY)的资金流入创下了4.8亿美元的记录。

9月20日,当债务总额为19,665亿元人民币(33万亿日元)的中国大型房地产开发商恒大集团的股价因担心违约而下跌615美元时,散户投资者同样买入了约19亿美元的股票基金,流入了SPY和Invesco QQQ Trust Series 1(QQQ 流入SPY和Invesco QQQ Trust Series 1(QQQ)的资金达到创纪录的3.37亿美元。 巧合的是,市场试图扭转7月和9月的大幅下跌,当时市场在周末连续两个营业日下跌,处于悲观的边缘。

到9月24日,道琼斯指数和标准普尔500指数已经连续三天上涨,这表明该策略在短期内已经奏效。 这是因为恒大集团在9月22日宣布,将为9月23日到期的人民币债券支付部分利息2.32亿元人民币(约39亿日元),制止了下跌。

彭博社9月23日还报道说,中国的金融当局已经要求恒大集团尽其所能,避免其美元债券的短期违约,以及偿还对私人投资者的贷款和完成正在建设的物业。 在这些信息的支持下,道指和标普500指数在7月22日五个工作日内首次出现反弹,标普500指数在7月23日重回50日移动平均线。 这与7月份急剧下跌期间发生的情况相同。

然而,恒大集团的违约风险并没有消除,其截至2010年3月的离岸美元债券的8,350万美元(92亿日元)的利息支付将于9月23日到期,其截至2012年3月的公司债券的4,750万美元(52亿日元)将于9月29日到期。

根据特殊的条款和条件,每笔付款都有30天的宽限期,任何延迟付款都被视为违约,但由于恒大集团尚未作出解释,情况极不确定。

恒大集团的债务总额相当于中国GDP的2%,在新闻和社交网站上被耸人听闻地描述为 “中国版的雷曼兄弟时刻”,类似于明斯基时刻(当资产价格突然暴跌,公司被迫出售资产以偿还债务,引发负面漩涡)。 中国版的雷曼兄弟时刻正在被轰动性地报道。 中国版的雷曼兄弟时刻。 但华尔街并不期待第二次雷曼冲击的出现。

AllianceBernstein亚洲固定收益部联合主管Jenny Zeng说,尽管恒大集团是行业第二大企业,但其市场份额约为4%,目前由于折扣的原因,其市场份额低于这一水平。 即使中国房地产行业的多米诺骨牌真的倒下了,也不太可能引起像雷曼冲击那样的全球危机。
在美国经历了雷曼冲击后,我很担心,因为我记得当时有位经济学家分析说,住房市场只占美国GDP的5%左右,所以不太可能成为重大危机。

ING亚太区研究主管Rob Carnell表示,关于系统性风险的警告,如雷曼危机的重演,”坦率地说是被夸大了”。 他说,虽然雷曼兄弟有金融资产,但恒大集团有土地形式的实物资产,如果能完成开发并出售土地,资金缺口将消失。

麦格理的首席经济学家Larry Hu估计,”恒大集团持有的土地包括优质物业,整个住房项目的价值为1.4万亿元(约24万亿日元),相当于其总债务的70%左右。 此外,在中国,土地是国有的,地方政府不亚于控制了供应,因为他们可以从地方政府购买有时限的使用权,经批准后开发。 因此,”它们比金融资产更透明、更稳定,而且房地产价格崩溃的风险更小,”分析称。

然而,根据野村证券的数据,9月的前12天,土地交易量下降了90%,对于其他房地产商来说,这就像捡到了一把掉落的刀。

如果说在漆黑的隧道里有一线生机,那就是中国的住房存量。 根据澳大利亚和新西兰银行的数据,目前的库存水平虽然相当于一年半的销售量,但远远低于2015年的两年半,也就是上一次住房市场下滑的时候,至少我们没有处于当时的供过于求的情况。
其他华尔街观察家认为,这可能更类似于LTCM危机,而不是雷曼冲击的重演(LTCM危机是1998年世界最大对冲基金的危机。 (LTCM危机是1998年世界上最大的对冲基金的危机,在当局的领导下,各大金融机构联合起来慢慢瓦解。

不确定中国人民银行是否会以美联储在LTCM危机期间那样的速度在三个月内降息三次。 然而,中国人民银行一直在积极供应资金,并在9月22日将其供应量增加到1200亿元人民币。 减去已经过期的300亿元后,净额为900亿元,远远超过8月份供应的100亿元,表明银行致力于稳定市场。

1)负债率低于70%,2)净负债率低于100%,3)库存现金与短期债务比率高于100%。

(恒大集团没有满足这些条件,导致了去杠杆化、业绩不佳、股价下跌和信用问题)。) 此外,今年8月,中央财政和经济委员会宣布了 “联合财富 “和 “消除金融风险”。 在这种情况下,威廉姆斯说,恒大集团不太可能被注入公共资金,因为它是 “过度借贷和繁荣时代的典型”。

9月16日,《恒大时报》总编辑胡锡进在中国社交网站微信上发帖称,”恒大不是大到不能倒”,并认为该公司应该自我重建,而不是注入公共资金。
同时,摩根大通指出,需要采取额外的政府行动,以避免多米诺骨牌落在其他部门的风险。 它还强调,恒大集团需要继续经营,以保护其客户和供应商的利益。

正如Capital Economics的Williams先生所指出的,政府的干预可能包括政府作为仲裁人,迫使恒大集团将未完成的项目移交给另一个开发商,同时提供土地权。

中国政府不希望看到恒大集团无节制地倒闭。 这是因为恒大集团不仅在劳动力市场上雇佣了20万人,而且每年通过项目开发创造了380万个间接就业机会。

因此,中国金融部门已经批准了恒大集团的建议,包括延长债务支付期限,据说广州市政府正在与恒大的主要债权人就建立债权人委员会交换意见。

超过128家银行和121家非银行参与了恒大的债务,从9月23日到年底,恒大已经用美元和人民币支付了8笔利息,以美元计算,总额约为6.874亿美元(760亿人民币)。 以美元计算,总利息支出约为6.874亿美元(约760亿日元)。 此外,约23.737亿美元(2630亿日元)将在2022年到期,中国政府可能会以某种方式干预预计将是困难的债务重组谈判。
美国和欧洲金融机构对中国恒大集团的风险敞口令人担忧,但9月22日,美国联邦储备委员会主席杰罗姆-鲍威尔在FOMC之后的新闻发布会上说,”这是一个针对中国的问题”。……。(省略)美国公司的投资和贷款不多,所以对美国企业部门的影响将是有限的”。

而据彭博社报道,花旗集团发言人表示,该公司没有直接向中国恒大提供贷款,摩根大通或美国银行也没有。 信用研究公司CreditSights也指出,这家美国银行不在其主要银行的名单上。

同时,摩根大通的分析显示,汇丰银行和渣打银行是向中国房地产行业提供贷款最多的外国贷款机构:汇丰银行1195亿美元的企业房地产贷款中有7.1%与亚洲有关,5.5%与香港有关,而渣打银行的 在汇丰193亿美元的企业房地产贷款中占4.5%,其中7.1%与亚洲有关,5.5%与香港有关。

中国的金融市场继续随着其经济的扩张而增长。 据估计,按市值计算,中国和香港市场在2020年将占世界股票市场总额的17.4%。 中国的债券市场也将在2020年膨胀到5.2万亿美元的发行量,使其成为仅次于美国(9.4万亿美元)的世界第二大债券市场。 此外,截至9月24日,中国10年期债券的收益率为2.9%,高于美国10年期债券的收益率(1.5%)和日本的10年期债券(0.05%)。

在上届特朗普政府执政期间,美中两国于2020年1月就第一阶段的贸易谈判达成一致。 该协议的条件之一是金融服务的自由化,中国政府一直在向美国开放金融服务,同时加强对国内公司的监管,如IT巨头和教育相关公司。

事实上,2008年4月1日,中国政府决定取消对外国投资于投资信托业务的限制。 因此,贝莱德于2008年8月21日获准在中国大陆设立全资资产管理公司,并于2009年6月获得了在中国经营投资信托业务的许可,使其能够向中国个人提供投资产品。

2009年8月6日,摩根大通还宣布,它已获得中国证券监督管理委员会(CSRC)的批准,在中国成立一家全资证券公司。 首席执行官戴蒙当时认为 “中国是世界上最大的机会之一”,他不可能完全不知道恒大集团的债务问题。

从某种意义上说,恒大集团的违约发生在美国金融机构在中国市场上展开攻势的时候。

与此同时,习近平主席正在寻求在五年一次的党代会上获得第三个任期,该会议将决定党的最高领导层,定于2022年秋季举行。 也许华尔街没有预测 “中国版雷曼时刻 “的原因是,它希望习近平政府将努力避免一场长期的经济危机。

中国恒大集団が債務危機、習近平「富裕層救済」の決断が招きかねない大波紋 | 今週のキーワード 真壁昭夫 | ダイヤモンド・オンライン

HLFXトレード

HL-BOX FXトレードの記事はこちら


薄毛(AGA)治療薬セット

40代男性ともなると、頭髪の薄毛が気になり始めます。

酒を飲み続けた毛根は相当ダメージを食らっている筈。

AGA薄毛治療の病院やクリニックで処方される二つの有効成分フィナスリドとミノキシジルを取り入れ、自宅で3ヶ月かけて薄毛や抜け毛を徹底的に治療していく男性向けのお買い得なセットです。

フィンサバ、ミノキシジルタブレットがセットに含まれます。

ミノキシジルタブレット+フィナロ

快眠セット

ユニソムスリープジェル+メラトニンhttps://mttag.com/s/gO63DSS5iYc

眠れない夜は睡眠ホルモンメラトニン剤で心地よい眠りへ。

ぐっすり眠れない、目が覚める、疲れが取れないなどの症状から、時差ぼけ解消も!


快眠セット(ユニソム・スリープジェル+メラトニン)

抗うつ剤

レクサプロジェネリック10mg

レクサプロジェネリックは有効成分としてエスシタロプラム5mgを含有する抗うつ薬です。
うつ病・うつ状態や社会不安障害などの様々な心の不調を改善します。


レクサプロジェネリック10mg

アルコール依存症サポート

アンタビュース(ジスルフィラム)500mg

アルコール依存症や慢性アルコール中毒など、毎日の生活にアルコールが欠かせないという方のために、脱却をサポートする薬として用いられています!


アンタビュース(ジスルフィラム)500mg

 

 

にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村




-マネーの話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中国発「世界大不況」は起こるのか?

9月20日の週は、中国恒大集団(Evergrande)のデフォルト(債務不履行)に対する懸念から、世界の金融市場は一時的にリスクオフの影響を受けました。 特に20日には、同社が社債の利息を払えなくなり …

中国会不会出现 “大衰退”?

在9月20日这一周,由于对中国恒大集团(Evergrande)违约的担忧,全球金融市场暂时受到了风险的影响。 特别是在20日,对该公司将无法支付其债券利息并将违约的担忧导致全球股票价格下跌,美国和其他 …

金持ちが選んでいる金融資産 ベスト5

激動の2020年を経て 2021年の金融商品のキーワードは “低金利 “と “資産インフレ “です。いずれの現象も、2020年から始まるコロナによる景気 …

Will there be a “Great Recession” from China?

During the week of September 20, global financial markets were temporarily affected by risk-off due …

今こそ買い?中国国債 Is Now the Time to Buy? Chinese Government Bonds 现在是购买的时候吗?中国政府债券

今こそ買い?中国国債 現在、日本の産業界や投資家が直面している最大の課題は、中国とどう向き合うかということです。 1978年、鄧小平氏の指導の下、中国共産党第11期中央委員会は改革開放政策を採択し、こ …

Count per Day

  • 628274総閲覧数:
  • 66今日の閲覧数:
  • 82昨日の閲覧数:
  • 51今日の訪問者数:
  • 68昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

RSS

Powered by RSSリスティング