CFD株価指数トレード

小口で始めるならばIG証券のノックアウトオプション

投稿日:2020年5月4日 更新日:

株価指数CFDトレードはCFDが実際の株価指数と同じ価格をつけてくれないとバックテスト通りの結果が得られない

その点からすると、GMOクリック証券は価格の乖離が大きく

パフォーマンスに劣る部分があった

しかし、GMOのいいところは小口の資金でトレードが始められるという点

最低10万円あればトレードが始められる

これに対してIG証券のS&P500のCFDは最低ロットが10枚からなので

初期投資額として100万円は用意する必要があった

ここで活用したいのがIG証券のノックアウトオプション

こちらは最低1枚からのトレードが可能

新しいトレードルールをリアルマネーで検証したい場合

小さいロットから始められるというメリットがある

しかもIG証券なので、株価指数とCFDの価格差が小さい

いままでGMOを使っていたので

ノックアウトオプションには何の注目もしていなかったのだが

これからはお世話になることになりそう

何と言っても株価指数との連動性の高さというメリットは計り知れない

ただし、日をまたいだスイングトレードには不向き

ファウンディングコストが毎日ひかれてしまうので…

IG証券の口座はこちらから解説可能

アフィリはありませんのでご安心を…

 

 

-CFD株価指数トレード

Copyright© 10万円から始められる副業としてのFX(ドル円 豪ドルNZドル ドルコスト平均) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.