投資と断酒とミニマリスと 

INVETSING and SOBRIETY and MINIMALIST

マネーの話

今こそ買い?中国国債 Is Now the Time to Buy? Chinese Government Bonds 现在是购买的时候吗?中国政府债券

投稿日:

今こそ買い?中国国債

現在、日本の産業界や投資家が直面している最大の課題は、中国とどう向き合うかということです。

1978年、鄧小平氏の指導の下、中国共産党第11期中央委員会は改革開放政策を採択し、これが今日の中国の発展の出発点となった。 これが、これまでの中国の発展の出発点となった。

グローバル化は長年にわたって中国の発展と一体化しているため、中国をグローバル化から「切り離す」ことはそれほど容易ではありません。 中国の存在感が増すにつれ、世界はある程度の経済関係を維持しながらリスクを管理するしかなくなってきました。 中国のグローバルなプレゼンスが拡大する中、海外の投資家にとっては、中国への投資のリスクを見極めることが課題となっています。

この半世紀の間に世界レベルで国境が拡大したことを説明するために、著者は次のような図を使っている1。 東と西、東(社会主義)と西(資本主義)、北と南、南(新興国)と北(先進国)。

1970年代、1980年代までの冷戦時代を示した図1の一番左の図では、世界経済は、図の左上、北の西にある先進国の資本市場での経済活動が中心であった。 その象徴が、1977年に始まった主要国を中心としたG7(Group of Seven)サミットだった。 日本は「世界の工場」として台頭し、1980年代には米国の経済的脅威と見なされるようになりました。

1989年にベルリンの壁が崩壊したことで、東西の壁がなくなり、社会主義国が市場化されて世界経済に組み込まれるようになった(中央図)。 さらに、右図の段階では、2000年代以降、「世界のフラット化」と呼ばれる傾向により、新興国が世界経済に統合され、4つの象限に国境が広がっています。 世界経済が4象限すべてに拡大したことで、経済の軸足がG7から新興国を含むG20に移ったことになります。
図1の左から右へ、そしてG7からG20への移行は、「世界の工場」の主な役割が日本から中国に移ったことを意味します。 1989年の天安門事件による一時的な停滞はあったものの、1992年の鄧小平の南巡講話以降、中国の改革開放はさらに加速し、中国は社会主義市場経済へと移行していったのである。

その後、2000年以降、新興国の台頭を象徴する出来事として、2001年に中国がWTOに加盟したことで、中国は世界経済の中で認められたプレーヤーとして、世界のサプライチェーンの中心に位置するようになった。

2001年の中国のWTO加盟は、中国が世界経済に受け入れられるための大きなきっかけとなった。 ブッシュ政権からオバマ政権までの米国の中国政策は、中国を国際社会に取り込むための「エンゲージメント」政策であり、ここに中国の台頭があったのです。

オバマ政権は、中国の存在が一定の脅威であることを認識しながらも、「戦略的忍耐」として中国の台頭を事実上容認していた。 一方、トランプ政権以降、今日のバイデン政権に至るまで、米国は中国に対する脅威のドクトリンにシフトし、中国との対立構造が今日まで続いています。

このように、以下の図2に示すように、中国との「新冷戦」が世界の分断に対する不安を引き起こしています。

一方、中国の台頭は、「世界の工場」として、前述の自由化、国境の拡大、世界的なサプライチェーンの緊密化によって達成されたものです。 中国の台頭は、アメリカ企業を含む多国籍企業の成長と重なり、アメリカと中国の経済構造はある意味で補完関係にあります。
振り返って図1を見ると、米ソの冷戦構造は、東側陣営であるソ連が政治的にも経済的にも分裂している状況でした。 G7を中心とした西側陣営と東側陣営との離反が続いている。

一方、中国の台頭は、前述のグローバリゼーションの結果であり、上の図の4つの象限が拡大したものである。 しかも、この場合、中国は「世界の工場」としてサプライチェーンの中心に位置しています。 アメリカだけでなく、ヨーロッパや日本の企業もサプライチェーン全体を構成しています。 そのため、デカップリングが政治的なメッセージとして叫ばれても、実際に対応するのは容易ではありません。

今後は、ハイテク分野など経済的安定に重要とされる分野でデカップリングが進む可能性がありますが、現実にはデカップリングはこれらの分野に限らざるを得ません。

同様に、投資家の視点では、米中の対立構造から中国へのエクスポージャーを管理することは必要ですが、世界経済に占める中国の割合が今後も増加することから、中国へのエクスポージャー(価格変動のある金融商品の保有)を完全に排除する「チャイナ・フリー」は現実的ではありません。

過剰な中国関連のリスクテイクを抑制する一方で、グローバル市場のポートフォリオの成果を取り込むという観点から、一定の中国エクスポージャーを確保する必要がある。

下の図3の「世界の金利潜行図」を見てもわかるように、マイナス金利の広がりの中で、金利水準を変えずに全く色をつけていないのは中国だけである。 日本と欧州が金利に沈み続ける中、世界の投資難民が狙うフロントランナーは、まだ金利があり、ある程度の規模の市場の厚みがある投資対象となるでしょう。 このような基準で考えると、残りのグローバルな投資対象は、当然、米国だけでなく中国にもなります。

下記の図4は、海外からの人民元建て債券投資の残高を示しており、海外からの資金流入が続いている。 海外からの人民元建て債券市場は、2017年にボンドコネクト(中国本土と香港の債券相互取引)が開始されて以来、急速な成長を続けており、人民元の国際化の進展に伴い、今後も流入が期待されます。

また、2021年3月に英国の指数算出機関であるFTSE Russellが、国際債券指数に中国国債を組み入れる予定であることを発表したことも、中国国債への外国資本の流入を後押しすると考えられます。

Is Now the Time to Buy? Chinese Government Bonds

Today, the biggest challenge for Japanese industry and investors is how to deal with China.

In 1978, under the leadership of Deng Xiaoping, the 11th Central Committee of the Communist Party of China (CPC) adopted a policy of reform and opening up, which became the starting point for China’s development to this day. This was the starting point for China’s development to date.

Since globalization over the years has been integrated with China’s development, it is not so easy to “decouple” China from it. As China’s presence expands, the world has no choice but to maintain a certain level of economic relations while managing risks. As China’s global presence expands, the challenge for international investors is how to assess the risks of investing in China.

When explaining the expansion of the frontier at the global level over the past half century, the author uses the following Chart 1. It divides the entire world into four quadrants: East and West, East (socialism) and West (capitalism), and North and South, South (emerging economies) and North (developed economies).

In the leftmost diagram in Figure 1, which shows the period up to the 1970s and 1980s during the Cold War, the center of the world economy was economic activity centered on the developed countries in the upper left of the diagram, west of north, in the capital market. The symbol of this was the summit, the Group of Seven (G7), which was launched in 1977 and focused on the major countries. Japan emerged as the “world’s factory,” and by the 1980s it was seen as an economic threat to the United States.

The fall of the Berlin Wall in 1989 led to the loss of the East-West barrier and a shift in the way socialist countries were marketized and integrated into the global economy (center figure). Furthermore, in the stage shown in the figure on the right, since the 2000s, a trend known as the “flattening world” has led to the integration of emerging countries into the global economy, expanding the frontier to the entire four quadrants. The extension of the global economy to all four quadrants has meant that the economic axis has shifted from the G7 to the G20, which includes emerging countries.
The above shift from left to right in Figure 1 and from the G7 to the G20 meant that the main role of the “world’s factory” shifted from Japan to China. Despite the temporary stagnation caused by the Tiananmen Square protests in 1989, China’s reform and opening-up was further accelerated after Deng Xiaoping’s South China Tour Speech in 1992, and the country moved toward a socialist market economy.

Later, in the 2000s and beyond, a symbolic event for the rise of emerging economies was China’s accession to the WTO in 2001, which led to China’s position at the center of the global supply chain as an accepted player in the world economy.

China’s accession to the WTO in 2001 was a major catalyst for China’s acceptance into the global economy. U.S. China policy, from the Bush administration to the Obama administration, was a policy of “engagement” that brought China into the international community, where China’s rise occurred.

While the Obama administration was aware that China’s presence posed a certain threat, it effectively tolerated China’s rise as a form of “strategic patience. On the other hand, after the Trump administration and leading up to today’s Biden administration, the U.S. turned to the threat theory toward China, and the confrontational structure with China has continued to this day.

As a result, as shown in Figure 2 below, the “new cold war” with China is causing anxiety about the division of the world.

The rise of China, on the other hand, has been realized in the process of becoming the “world’s factory” amid the liberalization, frontier expansion, and tightening of global supply chains shown above. At the same time as China’s rise, multinational companies, including U.S. companies, are developing in China, and the economic structures of the U.S. and China are complementary in some respects.
Looking back, Chart 1 shows that the Cold War structure between the U.S. and the Soviet Union was a situation in which the Soviet Union, as the eastern camp, was divided both politically and economically. The decoupling of the Western camp, centered on the G7, and the Eastern camp continued.

The rise of China, on the other hand, is the result of the globalization described above and the expansion of the four quadrants in the previous chart. Moreover, China is at the center of the supply chain as the “world’s factory” in this context. In addition to the U.S., European and Japanese companies also make up the supply chain as a whole. Therefore, even if decoupling is shouted as a political message, it is not easy to respond to it in practical terms.

Looking ahead, decoupling may make progress in high-tech fields and other fields that are considered important for economic security, but the reality is that it will have to be limited to those fields.

 

Likewise, from an investor’s point of view, while it is necessary to manage risks to China due to the confrontational structure between the U.S. and China, it is not realistic to go “China-free” and completely eliminate exposure to China (holdings of price-variant financial instruments) as China’s share of the global economy continues to grow.

While curbing excessive risk-taking related to China, it is necessary to secure a certain amount of China risk from the perspective of capturing the fruits of the global market portfolio.

As is clear from the “Map of Submerged Global Interest Rates” in Figure 3 below, China is the only country that has maintained a constant level of interest rates without any coloration at all amid the spread of negative interest rates. As Japan and Europe continue to be submerged in interest rates, the frontier that the world’s investment refugees are aiming for will be investment targets that still have interest rates, and where there is a certain size of market depth. Based on the above criteria, it is natural that the remaining global investment targets will be China as well as the United States.

Figure 4 below shows the balance of yuan-denominated bond investments from overseas, and the inflow of funds from overseas continues. Since the launch of Bond Connect (mutual bond trading between mainland China and Hong Kong) in 2017, the yuan-denominated bond market from overseas has continued to grow rapidly, and we expect capital inflows to continue in line with the internationalization of the yuan.

The announcement in March 2021 by UK-based index calculator FTSE Russell that it plans to include Chinese government bonds in its international bond index is also expected to support the inflow of foreign funds into Chinese government bonds.

现在是购买的时候吗?中国政府债券

今天,日本工业界和投资者面临的最大挑战是如何与中国打交道。

1978年,在邓小平的领导下,中国共产党第十一届中央委员会通过了改革开放政策,这成为中国发展至今的起点。这是中国发展至今的起点。

由于多年来全球化已经与中国的发展融为一体,因此,要将中国与全球化 “脱钩 “并不那么容易。随着中国存在的扩大,世界别无选择,只能在管理风险的同时保持一定程度的经济关系。随着中国在全球存在的扩大,国际投资者面临的挑战是如何评估在中国投资的风险。

在解释过去半个世纪以来全球层面的边界扩张时,作者使用了以下图表1。它将整个世界划分为四个象限。东方和西方,东方(社会主义)和西方(资本主义),以及北方和南方,南方(新兴经济体)和北方(发达经济体)。

在图1中最左边的图中,显示的是直到20世纪70年代和80年代的冷战时期,世界经济的中心是以图中左上方的发达国家为中心的经济活动,在北方的西部,在资本市场。这方面的象征是1977年发起的七国集团(G7)峰会,该峰会以主要国家为中心。日本作为 “世界工厂 “出现,到80年代,它被视为对美国的经济威胁。

1989年柏林墙的倒塌导致东西方屏障的消失,社会主义国家被市场化并融入全球经济的方式发生了转变(中心图)。此外,在右图所示的阶段,自2000年代以来,一种被称为 “扁平化世界 “的趋势导致新兴国家融入全球经济,将边界扩大到整个四个象限。全球经济扩展到所有四个象限,意味着经济轴线从七国集团转移到包括新兴国家在内的二十国集团。
上述在图1中从左到右以及从G7到G20的转变意味着 “世界工厂 “的主要作用从日本转移到了中国。尽管1989年的天安门抗议活动造成了暂时的停滞,但在1992年邓小平南巡讲话之后,中国的改革开放进一步加快,中国走向了社会主义市场经济。

后来,在2000年及以后,新兴经济体崛起的一个象征性事件是中国在2001年加入世贸组织,这使得中国作为世界经济中一个被接受的角色,处于全球供应链的中心位置。

中国在2001年加入世贸组织是中国被全球经济接受的主要催化剂。美国的中国政策,从布什政府到奥巴马政府,是一项 “接触 “政策,将中国带入国际社会,而中国的崛起就发生在这里。

虽然奥巴马政府意识到中国的存在构成了一定的威胁,但作为一种 “战略耐心”,它有效地容忍了中国的崛起。另一方面,在特朗普政府之后,直到今天的拜登政府,美国转向了对中国的威胁论,与中国的对抗结构一直持续到今天。

因此,如下图2所示,与中国的 “新冷战 “正在引起人们对世界分裂的焦虑。

而中国的崛起,则是在上述自由化、边境扩张和全球供应链收紧的过程中实现的,成为 “世界工厂”。在中国崛起的同时,包括美国公司在内的跨国公司也在中国发展,美中两国的经济结构在某些方面是互补的。
回顾过去,图1显示,美苏之间的冷战结构是作为东部阵营的苏联在政治上和经济上都是分裂的局面。以七国集团为中心的西方阵营与东方阵营的脱钩仍在继续。

另一方面,中国的崛起是上述全球化和上图中四个象限扩张的结果。此外,在这种情况下,中国作为 “世界工厂 “处于供应链的中心。除了美国之外,欧洲和日本的公司也构成了整个供应链。因此,即使脱钩作为一个政治信息被喊出来,在实际中也不容易回应。

展望未来,脱钩可能会在高科技领域和其他被认为对经济安全很重要的领域取得进展,但现实情况是,脱钩将不得不局限于这些领域。

同样,从投资者的角度来看,虽然由于中美之间的对抗结构,有必要管理对中国的风险,但由于中国在全球经济中的份额持续增长,要做到 “无中国”,完全消除对中国的风险暴露(持有价格波动的金融工具)是不现实的。

在遏制与中国有关的过度风险承担的同时,从获取全球市场投资组合的成果的角度来看,有必要确保一定的中国风险。

从下面图3的 “全球利率潜伏图 “中可以看出,中国是唯一一个在负利率蔓延的情况下保持利率水平不变,完全没有任何色彩的国家。随着日本和欧洲继续被淹没在利率之中,全球投资难民所瞄准的前沿阵地将是那些仍然有利率,并且有一定规模的市场深度的投资目标。根据上述标准,剩下的全球投资目标自然会是中国以及美国。

下图4显示了来自海外的人民币计价债券投资余额,海外资金持续流入。自2017年 “债券通”(中国大陆和香港之间的相互债券交易)启动以来,来自海外的人民币计价债券市场持续快速增长,我们预计资金流入将随着人民币国际化的进程而继续。

英国指数计算公司富时罗素在2021年3月宣布,计划将中国政府债券纳入其国际债券指数,预计这也将支持外国资金流入中国政府债券。

外国人の中国国債保有、4月は増加 過去最高に | Reuters


以下の商品は個人輸入のネット通販による飲み薬です。

ご購入とご使用にあたりましては、自己責任でお願いします。

購入・使用等に関わる全ての損害について当方は一切責任を負いません。

薄毛(AGA)治療薬セット

40代男性ともなると、頭髪の薄毛が気になり始めます。

酒を飲み続けた毛根は相当ダメージを食らっている筈。

AGA薄毛治療の病院やクリニックで処方される二つの有効成分フィナスリドとミノキシジルを取り入れ、自宅で3ヶ月かけて薄毛や抜け毛を徹底的に治療していく男性向けのお買い得なセットです。

フィンサバ、ミノキシジルタブレットがセットに含まれます。

ミノキシジルタブレット+フィナロ

快眠セット

ユニソムスリープジェル+メラトニンhttps://mttag.com/s/gO63DSS5iYc

眠れない夜は睡眠ホルモンメラトニン剤で心地よい眠りへ。

ぐっすり眠れない、目が覚める、疲れが取れないなどの症状から、時差ぼけ解消も!


快眠セット(ユニソム・スリープジェル+メラトニン)

抗うつ剤

レクサプロジェネリック10mg

レクサプロジェネリックは有効成分としてエスシタロプラム5mgを含有する抗うつ薬です。
うつ病・うつ状態や社会不安障害などの様々な心の不調を改善します。


レクサプロジェネリック10mg

アルコール依存症サポート

アンタビュース(ジスルフィラム)500mg

アルコール依存症や慢性アルコール中毒など、毎日の生活にアルコールが欠かせないという方のために、脱却をサポートする薬として用いられています!


アンタビュース(ジスルフィラム)500mg

 

 

にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村



TOPへもどる

-マネーの話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

China’s Hengda is the front runner! Will the world be able to cope with the Lehman-grade crisis that will follow?

China’s Hengda is just the tip of the iceberg At the time of writing, the 30-day grace period …

Will there be a “Great Recession” from China?

During the week of September 20, global financial markets were temporarily affected by risk-off due …

恒大集団危機!ウォール街の中国投資は大丈夫か?Hengda Group Crisis! Is Wall Street’s investment in China safe?恒大集团的危机! 华尔街在中国的投资是否安全?

恒大集団危機!ウォール街の中国投資は大丈夫か? 投資に関する有名な格言に「人の裏に道あり、花の山あり」というものがあります。現在、米国の個人投資家はこの格言を実践しているようだ。 バンダリサーチ社によ …

中国会不会出现 “大衰退”?

在9月20日这一周,由于对中国恒大集团(Evergrande)违约的担忧,全球金融市场暂时受到了风险的影响。 特别是在20日,对该公司将无法支付其债券利息并将违约的担忧导致全球股票价格下跌,美国和其他 …

原油価格が7年ぶりに1バレル100ドルになる? Will oil prices hit $100 per barrel for the first time in 7 years? 油价将在7年内首次达到每桶100美元?

原油価格が7年ぶりに1バレル100ドルになる? ハリケーン・アイダで大きな被害を受けたアメリカ・ルイジアナ州。 油田も大きな被害を受けており、生産量の回復には時間がかかる(写真:ロイター/アフロ 8月 …

Count per Day

  • 628276総閲覧数:
  • 68今日の閲覧数:
  • 82昨日の閲覧数:
  • 52今日の訪問者数:
  • 68昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

RSS

Powered by RSSリスティング