簡単なお金の増やし方

FX初心者でも簡単に始められるトレード手法を公開&毎日のトレード結果を解説

CFDトレード話

トレンド判断のためのオシレータ活用術

投稿日:

テクニカル分析にはいくつかの系統があります。移動平均線はいわゆるトレンド系指標の代表格です。もうひとつの系統にガオシレータガと総称される一派があります。

RsIやストキャスティクス、MAcDというテクニカル分析を聞いたことがあるでしょうか。RsIもストキャスティクスもMAcDもオシレータのひとつです。オシレータの特徴は、チャートの値動きから買われすぎや売られすぎを分析することにあります。相場を動かすのは人間ですから、株であれ指数であれ、あるべき水準から離れることが多々あります。大きな不安材料ばかりが目立つようになると、人々が悲観的になり、本来であればそれほど売り込まれる必要がないのに、相場が暴落することがあります。反対に、バブルなどが発生して投資への意欲が過熱すると、通常の動きで想定されるよりもはるかに割高な水準になることもあります。

長期でなく短期的に見ても、相場には売られすぎや買われすぎが常です。売られすぎた相場はいずれ修正されますし、買われすぎた場合もいずれ元の水準へと修正されていきます。相場が売られすぎにあるのか、買われすぎにあるのかを判断することでトレードのチャンスが大きく広がるのです。そして、そうした相場の売られすぎ・ 買われすぎの度合いを判断する指標として、オシレータ系のテクニカル分析があるというわけです。

ここではそうしたオシレータ系の代表格としてRSIを紹介しましょう。

RSI は「相対力指数」と訳されることが多いようです。オシレータ系のテクニカル分析ではもっとも広く使われているのではないでしょうか。とくに最近ではネット証券各社のチャート分析ツールの充実によって、個人投資家でもこうしたオシレータ系テクニカルを使いやすい環境になったことで注目度が増しているようです。

チャートにRSIを表示させると、チャート下部にサブウィンドウが出てきます。これがRSIです。RSIは0から100の範囲で変動します。テクニカル分析の教科書では、RSIが20より下にあると売られすぎ、80より上にあると買われすぎと判断せよ」と書いてあることが多いようです。20と80の数字は30と70である場合もあります。

-CFDトレード話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

損失と収益のバランスについての考え方

利食いを考えるときに重要なのが、リスクとのバランスです。先ほど1勝9敗でもトータルで勝つことができるとお話ししましたが、これを実現するには、トレード1回当たりの損失と収益のバランス(損益率)を考えたと …

移動平均線を効果的に使う

マーケットはさまざまに変化します。その変化に対して上手く立ち回るための基本的なツールとして、移動平均線があります。 移動平均線は過去の平均レートを1本の線で結んだだけの非常にシンプルなものです。20日 …

欧州指数CFDの特徴

欧州各国指数には、ドイツの「DAX指数」や英国の「FT100指数」、フランスの「CAC40指数」などがあります。 DAX指数は、フランクフルト証券取引所に上場するドイッ企業のうち、優良30銘柄を対象と …

相場の森と相場の木

相場を見るときは必ず、「森を見て木を見る」習慣をつけてください。そうでないと、 相場の真実を見誤ることになります。た とえば、5分足チャートがレジスタンスラインをブレイクして、きれいな上昇トレンドを描 …

FXの規制強化と政権交代でCFDの時代到来児

F×に対する規制がどんどん厳しくなっていることをこ存じでしょうか? 10年2月には信託保全が完全義務化されるとともに、同年8月には第一弾としてレバレッジが50倍に規制されました。さらに、11年8月には …

Count per Day

  • 619226総閲覧数:
  • 1今日の閲覧数:
  • 43昨日の閲覧数:
  • 1今日の訪問者数:
  • 35昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:
2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

アーカイブ