FX基礎知識

【FX基礎知識】FXトップトレーダーは無意識に「推奨取引時間」を使っている

投稿日:

FXの取引時間は平日24時間です

外国為替取引の時間は、1日24時間、週7日稼動しています。このように、外国為替市場は世界中を回っているため、特定の国では常に市場が開いている状態です。そのため、一日中視聴することができ、平日は24時間(月曜早朝から土曜明け方まで)取引することが可能です。

ちなみに、最も取引が活発な時間帯は、「ニューヨーク市場」と「ロンドン市場」が重なる時間帯、つまり日本時間の21時から26時です。土日はFXの取引はできませんのでご注意ください。土曜日と日曜日は取引できません 世界中の金融機関の休日を考えてみましょう。土日は世界中の金融機関が休みなので、市場は動かず、取引もできません。

外国為替は特定の場所がなく、主に金融機関がオンラインで行う「インターバンク市場」であるため、金融機関の活動が活発でなければ外国為替市場も動きません。クリスマスなどの祝日も休日です。クリスマス、大晦日、元旦は、海外の金融機関が休業し、市場が稼働しないため、取引が停止されます。ただし、12月25日が営業日の場合は、東京外国為替市場が開いている午前7時から午後3時までのみ取引可能です。

また、大晦日も営業日であれば、大晦日も取引できますが、元旦は日本も含めて全世界がお休みです。

FX取引に適した時間帯

FXで儲けるためのタイミングやテクニックは、取引時間帯によって大きく異なる。そのため、ここではFX初心者でも取引時間ごとに儲けられるように、わかりやすく解説しています。

FXの取引におすすめの時間帯として、まず挙げられるのが、休日明けのFX市場が開いている時間を狙って儲ける「窓取引」です。窓取引とは、前週末の終値と週末の始値の為替レートが乖離している場合(これを窓と呼ぶ)、窓を埋める方向にレートが動く傾向があることを利用して儲ける方法である。この窓埋めは容易に発生し、相場の値動きから利益を狙うことができるのです。窓明け後は、週末相場の方向に戻る性質がある。例えば、上の画像では、米ドル/円は、週末123.68円、週末123.13円となっています。特徴によると、週末価格の方向に動いている。

2つ目のFX取引時間の目安は、以下に詳しく説明するように、世界の主要国の取引時間によって異なります。取引時間帯によって開いている市場が異なるため、それぞれの市場の特徴を生かすと儲けやすくなります。

オセアニア時間】6:00~8:00

オセアニア市場は、外国為替市場の出発点である。重要な経済指標は、オセアニア市場の時間帯に発表されることが多い。この時、国内の外国為替会社はしばしばメンテナンスを行う。

オセアニア市場について、いくつかのポイントを挙げます。この週は最も早いスタートとなるため、レートの変動が激しく、窓が大きく開いていることが多い。この時間帯は取引する人が少なく、流動性が低いのですが、突然スプレッドが開き、価格が大きく跳ね上がります。週明けはスキャルパーが利益を得るチャンスでもありますが、初心者は注意が必要です。

東京時間】 8:00~15:00

東京市場は世界三大市場の一つです。しかし、世界の総取引量の5%程度に過ぎないため、大きな流動性を持っているとは言えない。

株式が取引される9時から15時の間は、外国為替取引も盛んに行われます。9時55分頃は、銀行が「仲値」(※仲値とは、各金融機関の顧客に対するレートのこと)を設定する時間帯である。ドルが買われやすい5と10のつく日は、中間レートが決定される。メイントレンドが発生するロンドン市場開始時刻の15:00
21:00になるとNY市場がオープンし、値動きが活発になる。

9:00~15:00はロンドン市場やニューヨーク市場と重ならないため、大きなトレンドが発生しにくい時間帯です。東京時間は値動きが限定的でレンジ相場となりやすく、FX初心者が取引機会を得るのは難しい。15:00は東京オプションの締切時間なので、円が大きく変動する可能性があります。基本的にFXトレーダーは、ロンドンとニューヨークのセッションで主に取引していますよね。そうなんです。東京時間はレンジ相場で値動きの幅を予測するのが難しいので、FX初心者にはおすすめできません。

ロンドン市場】15:00~21:00

15:00~21:00は世界の取引量の4割を占めるロンドン市場が開いているため、流動性が非常に高いです。

欧州市場の特徴。EUR-JPYとEUR-USDのペアは素直な動きをすることが多く、トレンドを重視した連続取引に適している。FX初心者の方で、”わかりやすいトレンドに乗るだけ!”という方。ヨーロッパの時間帯での取引をお勧めします。ロンドン市場周辺では、欧州のキーパーソンの重要な発言や重要な指標があるため、欧州時間帯は利益の大きなポイントになりえます。ロンドン市場が開くと値動きが荒くなりがちなので、ユーロやポンドなどの欧州通貨を取引する方は利益を狙いやすい反面、リスクも大きいです。特にポンドは変動が激しい。

ニューヨーク時間】 21:00~6:00

ニューヨーク市場は、世界の取引高の約20%を占めています。ニューヨーク市場の開場前後は、米ドルの値動きが大きくなる。ニューヨーク・セッションで発生したトレンドが、その後の相場の動きを左右することが多い。

ニューヨーク市場について、いくつかのポイントを紹介します。米国の重要指標(米国雇用指数など)は通常21:00~6:00に発表されるため、その前後は相場が乱高下する可能性があります。ニューヨークのオプションの締切時間は深夜(米国冬時間23:00)となっておりますのでご注意ください。

FX取引時間帯の注意点解説

取引時間に関する注意点1:夏時間と冬時間で異なる。FXの取引時間は、「夏時間」と「冬時間」で異なります。夏期は冬期より1時間早く時計が設定されるため、それに伴い取引時間も変更されます。例えば、米国の雇用統計は夏時間では21:30、冬時間では22:30に発表され、経済指標の発表タイミングがずれるので、注意が必要です。

FX初心者の方は、市場価格がかなり変動するため、金曜日の終値(エンドプライス)と月曜日の始値(スタートプライス)に注意する必要があります。もちろん、スイングトレーダーなどの長期的なトレーダーであれば、あまり心配する必要はないでしょう。土曜日や日曜日にポジションを持ち越すと、含み損が大きくなり、最悪の場合ロスカットになる可能性があります。

デイトレードが中心のFX初心者は、可能な限りポジションの持ち越しを避けるのが賢明です。

平日は忙しくてFXの取引ができない方でも安心の自動売買

平日は忙しくてFXの取引ができないという人には、自動売買が向いています。自動売買は、平日忙しくて取引できない人でもFXで儲けることを可能にします。プログラムに注文を出せば、損益は機械的に行われるので、チャートを分析する必要がないだけでなく、焦って早まった利益をとったり、塩漬けになってしまうなど、人間の心理に左右されないというメリットもあるのだそうです。

この記事の内容は個人の見解です。金融商品の取引は、自身の責任で行ってください。読者の損失に対しましては、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。<(_ _)>

 


断酒関係の記事はこちら

FX関係の記事はこちら

ミニマリスト関係の記事はこちら

セルフ薄毛治療関係の記事はこちら

#ユーロポンド #豪ドルNZドル

おススメFX業者

ユーロポンド(EUR/GBP)と豪ドルNZドル(AUD/NZD)の取引ができるFX業者

トレイダーズ証券[みんなのFX]

FX取引ならヒロセ通商へ

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

LINE証券

楽天証券(FX)

取引ツールが使いやすいFX業者

DMM FXは初心者向け

 


薄毛(AGA)治療薬セット

ミノキシジルタブレット+フィナロ

快眠セット

快眠セット(ユニソム・スリープジェル+メラトニン)

抗うつ剤

レクサプロジェネリック10mg

アルコール依存症サポート

アンタビュース(ジスルフィラム)500mg

TOPへもどる

-FX基礎知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

スイングトレード スワップはあくまでオマケですが・・・

以前のように円キャリートレードが真っ盛りで,買いポジションを持っていれば,儲かったような時代ならいざ知らず,デイトレードやスキャルピン具が主流の現在では,トレンド重視でスワップポイントはおまけみたいな …

no image

チャートは嘘をつかない

株価の動きは,欲望と不安と恐怖のいずれかの感情に基づいている。不安は,欲望と恐怖という2つの支配的な感情の狭間にある小休止のようなものである。マーケット参加者の大半が欲に支配されている間,株価は上昇す …

no image

チャートの設定

いろいろ試行錯誤をしてようやく落ち着いてきたチャート設定。 それぞれ好みはあろうと思いますが,私のチャートはこんな感じです。 1.日足チャート     (1)MA21(21本移動平均線)     (2 …

no image

なんちゃって介入

今日はいきなり40pips近くも上昇して介入かと思って焦ってしまった。ちびっ子ギャングこと安住のやることは,先が読めないので,まさかの77円台での介入か?ということもないわけではない。結果としては,大 …

no image

良書紹介の追加と訂正

去年の記事でFXの書籍をいくつか紹介しました。 中にはこれは良書です!なんて書いた書籍もありました。 その後、自分のルールを確立していく中で 「これはどうも・・・」と感じられるようになったものもありま …

Count per Day

  • 657319総閲覧数:
  • 43今日の閲覧数:
  • 65昨日の閲覧数:
  • 39今日の訪問者数:
  • 56昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング