FX基礎知識

【FX基礎知識】FXはスキャルピングで勝つ! 有効な5つのテクニカル指標を徹底解説!

投稿日:

これから紹介する「スキャルピングのためのFXテクニカル分析」「トレンド判断に有効な指標」などを理解すれば、無理なく相場分析ができるようになるはずです。実際にプロが使っているものなので、実用性の高いものばかりです。

FXのスキャルピングの基本

スキャルピングは、利益の積み上げ速度が最も早いFXの取引方法ですが、初心者には難しいと言われています。これは、1回の取引時間が短いため、マーケットを分析し、即座に売買の判断をする必要があるためです。市場に慣れていないうちは、分析力や判断力が未熟なため、短期間で利益機会を逃しがちです。

スキャルピングで相場を分析する場合、基本的にはテクニカル分析が用いられます。これは、ファンダメンタルズ要因によるトレンドとレンジのギャップを狙うアプローチであるためです。スキャルピングのような短期売買であれば、政治や経済のニュースを意識する必要はないでしょう。ただし、ファンダメンタルズ分析を伴わないため、高度なテクニカルスキルが要求されます。

FX投機のための5つのテクニカル指標

次の5つのテクニカル指標を使って、FXのスキャルピングで儲けましょう。全部覚えなくてもいいので、試してみて、自分が使いやすいと思ったものを制作に使ってみてください

1.ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、FXのスキャルピングに使用できるテクニカル指標です。ボリンジャーバンドは、標準偏差を利用してボラティリティ(相場の揺らぎ)を示すFXのテクニカル指標です。バンドの幅の中で価格が下落する可能性が高いため、信頼性が高く、多くのFXトレーダーに利用されています。ボリンジャーバンドは、移動平均線(緑色の線)を基準に、上2本または下3本の計5~7本の線で構成されています。

上下のラインを移動平均線に近い順に1σ(シグマ)、2σ、3σと呼び、各帯域で下落する確率は次のようになります。(上側のバンドはプラス、下側のバンドはマイナス)

  • ±1σ 68.27%.
  • ±2σ 95.45%.
  • ±3σ 99.73% (±3σ)

2.トレンドライン

FXスキャルピングのテクニカル指標として、トレンドラインを選ぶべき。

トレンドラインとは、スタート地点とセカンドポイントを結ぶ線のことです。誰でも視覚的に相場を判断できるシンプルなテクニカル指標で、FX取引には欠かせないものです。トレンドラインが引かれていれば、為替レートがそのラインに近づいたときにエントリーすることができます。トレンドラインが逆方向にブレイクした場合は、トレンドの反転の可能性を踏まえてエントリーすることができます。

3.RSI

RSIは、FX取引で使用されるテクニカル指標です。RSIは、「買われすぎ」「売られすぎ」を示すテクニカル指標です。また、フラグを視覚的に確認することができ、短期から中期のFX取引でよく使用されます。高値で売ることを検討する」「安値で買うことを検討する」というシンプルな考え方が根底にあるため、人気が高く、使い勝手が良い。FXスキャルピングでの具体的な例としては、以下のような比率を見て、それを逆さまにすることです。

  • RSIが70%以上の場合、買われすぎ=売られすぎ
  • RSIが30%以下の場合、売られすぎ=買い

4.移動平均

移動平均線とは、短期、中期、長期の3本の線で過去の金利の平均的な動きと、現在の金利に対する3本の線の方向と位置を示すテクニカル指標です。移動平均を用いた取引戦略は以下の通りです。

  • 3本の線が全て上向き→上昇トレンド継続で買い
  • 3本の線がすべて下向き→下降トレンド継続中の売りエントリー。
  • 移動平均線にタッチしながら実質金利が上昇→上昇トレンド継続で買いエントリー
  • 実勢レートが移動平均線にタッチしたら下落→下降トレンド継続中の売りエントリー
  • 短期線が長期線を上回るクロス→ゴールデンクロスで買いエントリー(上昇トレンドの出現)
  • 短期線が長期線を下回るクロス→デッドクロスで売りエントリー(下降トレンド発生)
  • 移動平均線の方向がバラバラ → トレンドが判断できないのでトレードが遅れる

5.MACD(マックディ)

MACDは、移動平均線から作られた高性能なテクニカル指標で、トレンドだけでなくオシレーター(相場の過熱感)も判断することができます。MACDは以下のような使い方ができます。

  • MACD線とシグナル線0を上回ったとき→持続的な上昇トレンドで買い。
  • MACD線とシグナル線0が交差したとき → 下降トレンド継続中の売りエントリー
  • MACD線がシグナル線と交差したら→ゴールデンクロスで買い(上昇トレンド発生)
  • MACD線がシグナル線より下にクロスしたとき → デッドクロスで売りエントリー(下降トレンド発生)
  • MACD線とシグナル線の傾きが非常に小さい→ボラティリティが低いため取引を断念する。

FXのスキャルピングでテクニカル分析を使うときの7つの注意点

FXのスキャルピングでテクニカル分析を使う際の注意点は以下の7つです。

1.範囲ではなく、トレンドを使う

傾向としては、掃引が推奨されます。これは、トレンドが発生したときにチャートパターンが形成され、価格が動くポイントを特定しやすくなるためである。レンジ相場では、価格が一定の幅で上下し、方向感がないため、運用方法が限定されます。トレンド相場ではテクニカル分析が効きやすく、陽線・陰線ともにチャンスがあるので、トレンドが出たときを狙うのがコツです。

2.ポジティブテンションとネガティブテンションを使い分ける

「プラス」側はトレンドに沿い、「マイナス」側はトレンドとは逆の動きをします。どちらかの方向で取引できれば、より多くの機会を得ることができ、より効率的です。基本的に初心者のうちは順張りで、トレンドが変わったときに素早く損切りをすることで、大きな損失を回避することができます。トレンドに逆らうトレードの場合、トレンドの転換点を見極める必要がありますが、相場の波が変われば利益率も最大化されます。

3.通貨ペアの特徴を知る

スキャルピングする通貨ペアを正しく選択しないと、思うように利益を伸ばすことができません。通貨ペアにはそれぞれ特徴があり、特に次の3つの特徴を持つペアを選ぶことが重要です。

  • スプレッドが小さい(取引回数が多いとコストがかさむため)
  • 強い値動き(値動きがないと取引機会が減少するため)
  • 取引量が多い(急激な値動きが少ないため)

また、この条件を満たす通貨ペアは以下の通りです。

  • 米ドル円
  • ユーロダラー
  • 英ポンド 米ドル

4.異なるタイムゾーンの特性を理解する。

相場のスキャルピングに最適な時間は、【日本時間の午後3時から午前1時】です。この時間帯は取引が活発になり、相場が変化しやすいからです。具体的には、欧州市場が15時、ニューヨーク市場が21時、ロンドン市場が翌日1時にそれぞれオープンします。効率よく利益を得るためには、流動性の高い時間帯を狙うことが望ましい。

5.アプローチはシンプルに

スキャルピングのテクニカル分析はシンプルであるべきです。以下の理由により、利益を上げることが困難、あるいは損失につながる可能性があります。

  • 複雑な方式では、入力条件を見つけるのが難しい。
  • スキャルピングトレードでは、素早い判断が間に合いません。
  • テクニカル分析が中途半端になり、その結果、予測の精度が落ちてしまうのです。
  • 分析の負担が大きいので、疲れやすく、集中力が途切れる。

6.スプーフィングが発生した場合、必ずストップロス注文を出すこと

なりすましがあった場合は、必ずストップロス注文を出す。なぜなら、どんなテクニカル分析も値動きを100%予測することはできないからです。スキャルピングでは、ある程度のストップロスは必要経費と考えるべきでしょう。損切りしないと含み損が増え、せっかくの利益が吹っ飛んでしまう可能性があります!” .

7.長期チャートも分析する

投機家は1分足チャートを見がちですが、長期チャートも分析する必要があります。その理由は、為替相場が長期足のトレンドと同じ傾向をたどる傾向があるからです。1分足チャートのトレンドが長期トレンドと同じときにエントリーすると、含み益が出やすくなるんです。

スキャルピングにおすすめの2つのインジケーター

FXスキャルピングでテクニカル分析を行うには、トレンドを判断するのに有効な指標を知ることが重要です。トレンド相場をメインに取引するため、トレンドの判断は非常に重要であり、その後の勝敗を左右する。次の2つの指標は、トレンド性が高まっているとき、あるいは衰退しているときに教えてくれます。

1.スパンモデル

スパンモデルは、FXのスキャルピングのテクニカル分析に有効なモデルです。スパンモデルとは、青いスパン(短期トレンド)、赤いスパン(長期トレンド)、遅行スパンの3つのラインからなるテクニカル指標です。青と赤のスパンは、エントリーの方向を明確にすることができるため、スキャルピングに有効です。サポートゾーン(青いスパンの間)は買いを、レジスタンスゾーン(赤いスパンの間)は売りを示す。スパンモデルは、元トレーダーの柾木利彦氏(マーフィー)が考案したテクニカル手法である一目均衡表がベースになっており、中級者向けのモデルとなっています。スパンモデルは、DMM FXやGMOクリック証券でも採用されているので、気になる方はデモトレードで使ってみてください。

スパンモデルのトレード手法と雲・遅行スパンの見方 - 海外FX Wiki

2.スーパーボリンジャー

スーパーボリンジャーは、FXのスキャルピングのテクニカル分析に有効です。スーパーボリンジャーは、ボリンジャーバンドと一目均衡表の「遅行スパン」を組み合わせた指標です。ボリンジャーバンドと遅行スパンを組み合わせることで、より正確なトレンドの判断が期待できます。ボリンジャーバンドと同様に、ボリンジャーバンドが狭くなれば、短期的に強いトレンドが発生する可能性があります。ここでの開発者はスパンモデルと同じであり、組み合わせて取引することが推奨される。

スーパーボリンジャーのシグナル・見方とトレード手法 - 海外FX Wiki

FX投機の3つのポイント

スキャルピングを行う場合、以下の点を守ることが重要です。

  • テクニカル分析が可能なチャートを使用する
  • 使い勝手の良いアカウントを選ぶ
  • 損失を最小に、利益を最大に

上記のポイントは、これらの原則に従うことで、市場を分析し、取引の判断をスムーズに行い、大きな損失を避けることができるようになるため、重要です。スキャルピングは取引回数が多く、ファンダメンタルズ分析を行わないので、ギャンブルのように直感で取引する人もいます。しかし、勝ち組のFXトレーダーはギャンブルではなく、すべての運用が正当化されます。

1.テクニカル分析にチャートを使う

スキャルピングでは、テクニカル分析に適したチャートツールを選ぶことが重要です。なぜなら、チャートはテクニカル分析の基本であり、取引には絶対に欠かせないものだからです。大切なのは、自分が行いたいテクニカル分析を最大限に活かせるチャートを使うことです。無数にあるテクニカル分析の中から、自分なりのテクニカル分析を正しく行えるようなチャートを選びましょう。

2.使い勝手の良いアカウントを選ぶ

口座を選ぶ際には、狭いスプレッドも重要ですが、取引を実行する能力も重要です。いくらスプレッドが狭くても、正しい価格で注文が成立しなければ損をすることになるからです。例えば、「1ドル100円で注文したのに、1ドル101円で約定した」など、約定力が弱い口座ではスリッページ(レートドリフト)が発生することがあります。したがって、100%の約定と0%のスリッページまたはスリッページに近い口座を選択してください。

3.小さな損失と大きな利益を出すようにする

小さな損失と大きな利益、これがFXの基本です。損失を最小限に抑え、利益を最大化することで、トータルリターンがプラスになるからです。あらかじめ損切りポイントを決めておき、利益を使い切った時点で判断できるようにする。

この記事の内容は個人の見解です。金融商品の取引は、自身の責任で行ってください。読者の損失に対しましては、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。<(_ _)>

 


断酒関係の記事はこちら

FX関係の記事はこちら

ミニマリスト関係の記事はこちら

セルフ薄毛治療関係の記事はこちら

#ユーロポンド #豪ドルNZドル

おススメFX業者

ユーロポンド(EUR/GBP)と豪ドルNZドル(AUD/NZD)の取引ができるFX業者

トレイダーズ証券[みんなのFX]

FX取引ならヒロセ通商へ

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

LINE証券

楽天証券(FX)

取引ツールが使いやすいFX業者

DMM FXは初心者向け

 


薄毛(AGA)治療薬セット

ミノキシジルタブレット+フィナロ

快眠セット

快眠セット(ユニソム・スリープジェル+メラトニン)

抗うつ剤

レクサプロジェネリック10mg

アルコール依存症サポート

アンタビュース(ジスルフィラム)500mg

TOPへもどる

-FX基礎知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

海外FX eToro

こちらのサイトから口座開設をすると、取引量に応じて、毎月キャッシュバックがもらえます↓ eToroeToroでは、ユニークな「コピートレードサービス」といったサービスが最近提供されました。こちらはFX …

no image

チャートの設定

いろいろ試行錯誤をしてようやく落ち着いてきたチャート設定。 それぞれ好みはあろうと思いますが,私のチャートはこんな感じです。 1.日足チャート     (1)MA21(21本移動平均線)     (2 …

no image

耐えられるだろうか・・・。

 損切りができないということが、これだけ不利な状況に自分を陥らせること、身をもって学びました。しばらくトレードは封印です。でもトレードで勉強をしなおします。 これも報いなのだろうか・・・。神様、申し訳 …

no image

FX入門 為替で大損する人の行動パターン

含み損や含み益を損益と思わないこの考え方は非常に危険です。通貨を可ってその価値の変化を考えなくていいのは,自国通貨をその外貨に両替した後に実際に利用するなどの非常に限られた場合のみです。外貨預金であれ …

no image

トレード後の反省

トレードは、以下のようなプロセスで行われます。 1.見通しを持つ 2.エントリーをする 3.決済をする 4.反省をする こんな感じではないでしょうか? では、反省はどのようにすればよいのでしょう? た …

Count per Day

  • 657319総閲覧数:
  • 43今日の閲覧数:
  • 65昨日の閲覧数:
  • 39今日の訪問者数:
  • 56昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング