FX基礎知識

【FX基礎知識】スイングトレードの基礎基本と儲け方

投稿日:

FXのスイングトレードとは?

FXスイングトレードとは、数日から数週間にわたってポジションを保有し、大きな利益を得ることを目的とした取引の一種です。スキャルピングやデイトレードと比較して、ロットサイズやレバレッジを低く抑えながら、長時間ポジションを保有し、大きなpipsを獲得することが特徴です。中長期的なスパンで、変化点を狙いつつ、楽に大きく儲けたい方にオススメのスタイルです!

FXスイングトレードの6つのメリット

FXのスイングトレードには、6つのメリットがあります。

まず、チャートを見るのにほとんど時間がかからないということです。なぜなら、スキャルピングやデイトレードと同じように、チャートに釘付けにならずにトレードすることが可能だからです。忙しい社会人でも、タイムリミットが短いので、本業とFXを連動させやすい!?

FXの利益だけでなく、スワップポイントの利益も狙える。これは、ポジションの保有期間が長く、何日も経ってから決済されるからです。重要なのは、プラスのスワップポイント方向にポジションを持つことです

スイングトレードは、現在の生活リズムを崩すことなく行うことができます。その理由は、スイングトレードは日足から週足までのトレンドを対象としており、分単位、秒単位でのチャンスを狙うスタイルではないからです。夜遅くまでチャートで取引する必要はありません。

4つ目のメリットは、落ち着いて取引できることです。スキャルピングのように値動きを分析し、秒単位で素早く注文を出す必要がないからです。週に1〜2回、中長期的なトレンドを分析し、取引方針を考え、チャンスがあれば注文を出せばいいのです。落ち着いて注文を出せば、判断ミスや間違った商品操作による損失のリスクを減らすことができるのです。

また、低価格で運用できることもメリットの一つです。なぜなら、スイングトレードは比較的少ない回数の取引で済むからです。例えば、米ドル円1万通貨を0.3銭のスプレッドで一度に取引した場合、スキャルピングやデイトレードに比べて取引頻度が高く、年間約7万円もスプレッドを縮小することができます。

取引スタイルによるスプレッドの違い

  • 1日10トレードのスキャルピングトレードの場合=72,000円
  • 1日1回の取引を行うデイトレードの場合=7,200円
  • 1ヶ月に1回のスイングトレードの場合=360円

一度の取引で大きな利益を得ることができる。スイングトレードは、1回のトレードで多くの利益を得ることができます。その理由は、スキャルピングやデイトレードよりも、長期間ポジションを保有した方が、より多くのpipsを獲得できるからです。具体的には、1回のトレードで100pipsから500pipsの利益を目指すことになります。

FXスイングトレードの3つのデメリット

FXスイングトレードには、メリットとともに注意・理解しておくべきデメリットが3つあります。

マイナススワップのポジションを長期間保有すると、損失が発生する可能性があります。これは、1日渡るごとに、スワップポイントが支払われるからです。ポジションを持つ前にスワップポイントがプラスになっていることを確認するのはもちろんですが、ポジションを持っている間にスワップポイントが変動してマイナスにならないことを確認する必要があります。

スイングトレードは、比較的大きな損失を出すことがあります。これは、スキャルピングやデイトレードに比べ、pipsの期待損益が大きいからです。もし、予想通りの展開にならない場合は、迷わず早めに損切りをすることです。

3つ目のデメリットは、財務効率の悪さです。その理由は、長期間ポジションを保有している間は、証拠金で抑えられているためです。例えば、他の通貨ペアでチャンスがあれば、保有しているポジションを決済して資金を確保し、より大きなチャンスがある通貨ペアにエントリーする必要があります。

FXのスイングトレードに向いている人、向いていない人の特徴

ここまでの長所と短所を踏まえると、FXのスイングトレードへの適性は以下のようになります。スイングトレードを始めるかどうかの判断材料になれば幸いです

スイングトレードに向いている人

  • 一度のトレードで大きな利益を得たい人
  • FXの利益を倍増させたい方、pipsを変えたい方
  • チャートに張り付くようなトレードはしたくない方
  • 平日は忙しく、空いた時間に無理なく運用したい方。
  • 価格を安く抑えたい方。
  • じっくりとチャンスを待つことができる人。
  • まとまったお金(10万円以上)を用意できる方。

スイングトレードに向いていない人

  • 短期売買で利益を積み重ねたい方。
  • 多くの取引経験を積みたい方。
  • 価格変動で夜も眠れない方。
  • チャンスを待てない人。
  • 頻繁に取引をする必要がある方。
  • まとまったお金(10万円以上)を用意できない方。

FXでスイングトレードを始めるための5つのステップ

スイングトレードに興味がある方は、以下の5つのステップを踏んで、安全にトレードを始めてください。

1.市場分析手法を学ぶ

まず、2つの市場分析手法を学ぶ。分析的な手法を用いることができれば、予測精度が向上し、利益を得やすいエントリーポイントを見つけることができるからです。スウィングトレードに必要な分析手法はテクニカル分析とファンダメンタル分析です。

テクニカル分析とは、過去の値動きから将来の値動きを予測する方法です。トレンドライン、移動平均線、ボリンジャーバンド、MACD、RCIなどがよく知られている例です。複数のテクニカル分析を組み合わせ、複数のタイムチャートのサインが一致すればするほど、予測の精度が上がり、利益を上げやすくなります。

ファンダメンタルズ分析とは、経済指標や要人発言など、各国の政治・経済情勢から値動きを予測する方法です。一般的に、ファンダメンタルズが良好な国の為替レートは上昇し、ファンダメンタルズが悪化した通貨は下落すると言われています。例えば、政策金利を引き上げた通貨には資金が集まるので、為替レートが上昇する、といった具合です。スイングトレードでは、ファンダメンタルズの良い国の通貨を含む通貨ペアを買い、ファンダメンタルズの悪い国の通貨ペアを売りたいと考えます。

2.既存のメソッドから独自のルールを作成する

次に、既存のスイングトレードの手法をベースに、自分なりの売買ルールを作成することです。その理由は、既存の手法から作る方が効率的であり、トレーディングファンドが既存の手法の完全なコピーである場合は適さない可能性があるからである。

3.デモ取引で収益性を確認する

自分なりのルールを作ったら、デモトレードで収益性を確認する。実戦で使用する際の金銭的な負担なく、勝てるかどうかを確認できるからです。また、検証の際には以下のことに注意してください。

  • メソッドの勝率
  • その方法が有効であると思われる状況
  • メソッドの損失パターン

4.少額資金でライブトレードを始める

デモ取引で収益性を確認したら、少額資金でライブ取引を開始することができます。これは、現実の市場環境がデモトレードと異なるため、常に利益を出せるとは限らないからです。ライブトレードで勝てるようになったら、徐々にロットサイズを大きくして、より多くの利益を狙えるようにすることが、モチベーションになるはずです。

5.収益性に問題がある場合、改善するためのルール

主要なマーケットで思うように利益が出ない場合は、取引ルールを見直してみましょう。そうすることで、負けトレードが減り、利益を出すチャンスが増えるので、全体のバランスが良くなります。次の5つの項目を定期的に記録し、後日客観的に見直すことができるようにしましょう。

  • 取引日時
  • 通貨ペア
  • ロット数
  • 記帳および決済の基準
  • 反省すべき点

FXスイングトレードで儲けるための4つのコツ

それでは、FXのスイングトレードで勝つためのコツを詳しく見ていきましょう。以下の4つのポイントを押さえておくとよいでしょう。

1. 4つのタイムフレームを使用する

第一のポイントは、次の4つの時間足を使って市場を分析することです。

スイングトレードの基本的な時間足、

  • 1時間
  • 4時間
  • デイリー
  • ウィークリー

なぜなら、複数の時間枠でトレンドの方向性を追えば、強いトレンドに乗ることができ、利益を大きく伸ばすことができるからです。一つの通貨ペアで複数の時間足チャートを表示するツールを使えば、より効率的にトレンドを捉えることができます。

2つ目は、USD-JPYに投資することです。それは、次のようなメリットがあるからです。

  • 取引量が多く、値動きが安定している。
  • 情報収集のしやすさ
  • テクニカル分析に基づく値動きのフォローが容易
  • セカンダリー通貨よりも利益を出しやすい
  • すべてのFX会社がこのサービスを提供しています。
  • 急騰・急落で大損する小型通貨は避けよう!

第三に、トレンドが変化した時点で損切りをすることです。不利なトレンドが長引けば、含み損は改善されずに拡大し続け、最悪の場合、大きな損失を抱えて市場から退場することになります。ポジションを持つときは市場分析を省略せず、トレンドの変化の兆しに注目しよう

4つめはレバレッジは5倍未満に抑えること。これは、多少の含み損が発生しても、証拠金維持率がロスカットラインにほとんど到達しないためです。損失条件はFX会社によって異なるので、事前に確認しましょう。スイングトレードをより収益性の高いものにしたい方は、以下の4つの方法をご覧ください。

FXスイングトレードの勝率を上げるための分析方法

動きを読み取るために用いられる解析方法は2つあります。

1:テクニカル分析における基本的な移動平均線

テクニカル分析における移動平均線は、相場の動きを読みやすくするために推奨されています。移動平均線は、一定期間の平均的な価格を線で結んだものという点で、テクニカル分析の代表的なものです。一連の市場動向を読み取ることができるのが特徴です。例えば、5日移動平均線が25日移動平均線を下から上にクロスする「ゴールデンクロス」や、その逆の「デッドクロス」などは、有効な売買シグナルとなります。これは、ゴールデンクロスが上昇相場、デッドクロスが下降相場のサインである可能性が高いからだ。ゴールデンクロスはスイングトレードの要です。ゴールデンクロスとは、相場が下落した後、短期移動平均線が長期移動平均線の上を下から通過することを特徴とする。売るべきトレーダーがいなくなれば、相場は上がるしかないのだから、これは絶好の買い場だ。

スイングトレードで重要なのは、デッドクロスです。デッドクロスとは、相場が上昇した後、短期移動平均線が長期移動平均線を上から下へクロスすることです。基本的には下落のサインであり、この場合は売りのサインと解釈できる。

2: ファンダメンタル分析のための雇用統計

ファンダメンタルズ分析とは、各国の金利政策や経済指標に注目する手法です。例えば、毎月第一金曜日に発表される米国の雇用統計はよく知られている。発表される経済指標が良ければ通貨は買われ、悪ければ売り圧力が強まる傾向がある。したがって、ファンダメンタルズが出てからのトレンドに乗るのがコツです。

FXのスイングトレードで気をつけるべき3つのポイント。

スイングトレードで損失のリスクを抑えるには、以下の3点に注意する必要があります。

  • 取引するときはルールを守る。
  • トレンドが読めない時の取引は避ける。
  • 週明けの相場の急騰・急落のリスク

1.ルールを守る

まず第一に、常にルールに従って取引することです。なぜなら、勘に頼った取引には次のようなデメリットがあるからです。

  • 取引の基礎が細分化され、疑問点が検証できない。
  • 利益確定の基準が曖昧で、利益を逃す。
  • ロスカットの基準が曖昧なので、ロスカットできずに大損してしまう。

2.トレンドが見えないときは取引しない。

テクニカル分析やファンダメンタルズ分析を行っても、トレンドの予見ができない場合は、取引を控えるようにしましょう。これは、チャンスを探すための資金を温存するためです。どうしても取引したくなり、慣れないスキャルピングやデイトレードに手を出して損失を出すという失敗をしてしまうので注意しましょう

3.週末に相場が急騰・急落するリスク。

土日は取引できないため、週末に大きな含み損を抱える可能性があります。このリスクは、長期的にポジションを保有するスイングトレードの性質上、避けられないものです。大統領選のような大きなイベントが週末に予定されているときは、一度ポジションを決済しておくのが無難です。また、週末の窓際で損失を出さないように、レバレッジを低く、証拠金維持率を高くすることも重要です。

FXスイングトレードに適したFX会社選びの6つのポイント

FXスイングトレードに適したFX会社を選ぶ際には、以下の点を考慮する必要があります。

  • スイッチングポイント
  • 複数のチャートを同時に表示する機能
  • 複数のテクニカル指標を同時に表示する機能
  • 情報発信
  • スマートフォンアプリを持つ
  • 1,000通貨未満の取引も可能

1.スワップポイント

1つ目は、スワップポイントです。その理由は、長期間ポジションを保有すると、スワップポイントの受払いが発生し、損益に影響を及ぼす可能性があるからです。スワップをたくさん稼ぎたいならプラスのスワップが多い口座を、スワップ支払いを減らしたいならマイナスのスワップが少ない口座を選びましょう。

2つ目は、異なる通貨ペアや異なる時間帯のチャートを同時に表示できることです。これは、1つのチャートを分析するために画面を切り替えるのは非効率的だからです。

また、複数のテクニカル指標を同時に表示できることも重要です。複数の兆候を読み取ることで、より強いトレンドの発生を察知することができるからだ。最近はスマートフォンのツールも高性能になり、2~4種類のテクニカル指標を同時に表示できるようになりましたね。できるだけ多くのテクニカル指標を表示させたいなら、無料ツールのMT4がオススメです!

4つ目は、「情報発信力」です。なぜなら、情報はトレンドを把握するための基礎分析として活用できるからです。具体的には、次のような点に着目しています。

  • 市場情報・分析のタイムリーな提供
  • 経済指標の内容(前回値、予測値、公表値)、意義、公表時期について

また、スマートフォン用のアプリケーションを用意することも重要です。外出先ですぐにパソコンにアクセスできない場合でも、取引が可能だからです。レート通知を設定しておけば、いつでもどこでもアクセスできるので、チャンスを逃したり、ピンチの時に損をしたりすることがありません。

6つ目のポイントは、1,000通貨以下の少額から取引できることです。相場の状況に合わせてロットを調整し、リスクを分散しやすいからです。

 

この記事の内容は個人の見解です。金融商品の取引は、自身の責任で行ってください。読者の損失に対しましては、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。<(_ _)>

 


断酒関係の記事はこちら

FX関係の記事はこちら

ミニマリスト関係の記事はこちら

セルフ薄毛治療関係の記事はこちら

#ユーロポンド #豪ドルNZドル

おススメFX業者

ユーロポンド(EUR/GBP)と豪ドルNZドル(AUD/NZD)の取引ができるFX業者

トレイダーズ証券[みんなのFX]

FX取引ならヒロセ通商へ

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

LINE証券

楽天証券(FX)

取引ツールが使いやすいFX業者

DMM FXは初心者向け

 


薄毛(AGA)治療薬セット

ミノキシジルタブレット+フィナロ

快眠セット

快眠セット(ユニソム・スリープジェル+メラトニン)

抗うつ剤

レクサプロジェネリック10mg

アルコール依存症サポート

アンタビュース(ジスルフィラム)500mg

TOPへもどる

-FX基礎知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

チャートの設定

いろいろ試行錯誤をしてようやく落ち着いてきたチャート設定。 それぞれ好みはあろうと思いますが,私のチャートはこんな感じです。 1.日足チャート     (1)MA21(21本移動平均線)     (2 …

no image

獲れなくて悔しい利益 取れなくても悔しくない利益

獲れなくて悔しい利益とは,トレードルールに従っていれば獲ることができる利益です。図の中では,赤で示してあります。 獲れなくても悔しくない利益とは,トレードルールに従っていても獲ることができない利益です …

no image

KMAのトレードルール 「東京BOX」 無料提供 のお知らせ

KMAのトレードルールについて シンプルにわかりやすく説明したレポート(PDFファイル)を 無料にてご提供いたします。 A4用紙2枚足らずの短いレポートですが、 KMAのトレードルールが100%完全凝 …

no image

私のトレードを支えているもの

mimizukuさんのブログ FXトレーダー入門 http://ameblo.jp/senngyou/entry-11002760795.html ロジックや手法を教えてくれるわけではありません。 し …

no image

2012/06/20 NY時間の動きについて

昨日は米指標発表後に大きく下落。 目線と大きくずれてしまった。 重要指標の発表前と直後はエントリーをしないのが賢明。 指標発表後の相場動きが目線の方向と同じであれば,押し目や戻りを待つ。 逆に目線の方 …

Count per Day

  • 657317総閲覧数:
  • 41今日の閲覧数:
  • 65昨日の閲覧数:
  • 37今日の訪問者数:
  • 56昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング