FXトレード結果・相場分析

【FXデイトレード結果2022/11/16】利益確定33,017円 モーニングFX

投稿日:

相場分析

本日のマーケットにおいては、NY為替市場でリスク選好が一服する中、ドル売りが一服した。ドル円の下落も一服し、139 円台で上下に動いた。

オープニングベルに先立ち、米国は10月の小売売上高を発表し、前月比1.3%増と予想を上回りました。FRBの姿勢を複雑化させる要因として指摘する人がいる一方で、消費者が年末の買い物を早めに済ませたことも影響しているのではと指摘する人もいます。10月、消費者は自動車販売店、家具店、食料品店、ガソリンスタンドでより多くの支出をしました。買い物を早く済ませようとしたのではないかと推測されるとのこと。これは、12月と11月から支出を取り出すということでもあります。

先週の米消費者物価指数(CPI)と前日の米生産者物価指数(PPI)を受けて、市場ではFRBの利上げペース低下への期待が高まり、為替市場ではドルのロングポジションの巻き戻しが活発に行われました。しかし、この流れはここにきて冷え込んできているのではないでしょうか。

EURUSDは、ロンドン時間には1.04ドル台まで上昇していたが、ニューヨーク時間には1.0-3ドル台まで下落した。ニューヨーク時間には、1.30ドル台まで下落した。ユーロドルはこのところ買いが強まっているが、FRBが緩やかながらも利上げを継続する可能性が高いことや、ドイツ経済が減速していることから、下落する可能性もあるとの見方がある。2023年第1四半期には再び0.95ドルを試す水準に戻る可能性があります。との報告がありました。

米連邦準備制度理事会(FRB)は、2023年前半に政策金利を5.0%に引き上げると予想。0%、ドイツもエネルギー価格の上昇により4四半期連続の景気後退が警告されています。さらに、中国の成長が相対的に弱いこと、株式市場が依然として厳しいことなどの認識から、ユーロがドルに対して弱含みとなるとしています。また、ユーロ圏のエネルギー危機は来年の冬まで続くとみられ、インフレ率が大幅に低下する可能性は低いと指摘した。

また、ECB運営理事会は12月の会合で0.75ポイントの利上げを見送る。0.50%ポイントの利上げに傾いているとの報道もある。初期の議論では、0.75%ポイントの追加利上げを行うインセンティブはなく、インフレが再び急上昇しない限り、あまり積極的にならない方が良いというのがコンセンサスだった。その理由として、景気後退のリスクが高まること、消費者物価の上昇圧力が弱まる可能性があること、中央銀行の預金金利を2%に引き上げれば、いわゆる中立水準に近くなることなどが挙げられているという。

ポンドドルは戻り売りが優勢となり、1.18ドル台まで下落した。ロンドン時間に10月の英国消費者物価指数(CPI)が発表されましたが、反応は限定的でした。しかし、数字そのものは意外なもので、総合指数のインフレ率は前年比11.1%増と41年ぶりの高水準に加速しています。エネルギー価格の上昇が主な原因であり、先月英国政府が光熱費に上限を設けたにもかかわらず、ほとんどの家庭で電気代とガス代の値上げが見られた。電気代は65.7%、ガス代は128.9%上昇した。政府の支援がなければ、インフレはさらに加速していただろう。

しかし、イングランド銀行の利上げ期待が高まる兆しはない。12月のイングランド銀行金融政策委員会(MPC)会合での利上げは、短期金融市場では0.5 ポイントから0.75ポイントの間で推移している状況です。

市場関係者からは、中途半端に高いインフレ率と弱い経済成長率を考えると、ポンドは引き続き下振れするとの指摘があります。前日には英国の雇用統計が発表され、イングランド銀行には引き締め継続の圧力がかかるものの、市場参加者が予想していたほどには利上げの余地はないだろう。また、明日には英国秋季財政報告が発表され、ポンドにはネガティブな反応が予想されます。

本日の経済指標

2022年11月17日 木曜日

  • 00:00 EUR ラガルドECB総裁 発言
  • 09:30 AUD 雇用者数 (10月) 15.0K 0.9K
  • 19:00 EUR 消費者物価指数 (前年比) (10月) 10.7% 10.7%

デイトレード

画像

裁量判断不要のFXデイトレード手法を公開します モーニングFX 1日1回のチャンス!10万円から取引可

スイングトレード:ユーロポンド

0.9000~0.95000 100pipsごとに5万通貨指値注文中

スイングトレード:豪ドルNZドル

1.0950✕10万通貨

1.0890~1.0800 10pipsごとに1万通貨指値注文中

トレード手法について

毎日勝つために、そして何年も同じ方法を続けるために、私は自分のメソッドを作り上げました。短期間のデイトレードは、経済状況の影響をあまり受けません。24時間チャートを見る必要が無く、トレードを中心とした生活をする必要もありません。時間に縛られることが無いので、自分の時間を持つことができ、昼間仕事をされている方の副業にぴったりです。私のトレード手法はエントリーにこだわるものではありません。むしろ、保有しているポジションをいかにして利益の出ている状態にして決済をするかという点にポイントを絞ったシンプルでわかりやすいアプローチです。コツコツと利益を積み重ねてきたのに、一度の損切で全ての利益を吐き出してしまったことはありませんか?私も初めのうちはそういうトレードしてきました。今では、コツコツと利益を積み重ね、ドカンと利益を失ってしまうことが無いように私は欲を出さずに利益を積み重ねていく取引を重視しています。過去20年以上のデータをもとに練り上げた私のトレード手法は、初心者の方はもちろん、いつも最後に大きな損をしてしまう方にもお勧めできる手法です。継続的に利益を出せるかリアルトレードで検証後、ココナラにてレポート販売を計画しております。

この記事の内容は個人の見解です。金融商品の取引は、自身の責任で行ってください。読者の損失に対しましては、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。<(_ _)>

 


断酒関係の記事はこちら

FX関係の記事はこちら

ミニマリスト関係の記事はこちら

セルフ薄毛治療関係の記事はこちら

#ユーロポンド #豪ドルNZドル

おススメFX業者

ユーロポンド(EUR/GBP)と豪ドルNZドル(AUD/NZD)の取引ができるFX業者

トレイダーズ証券[みんなのFX]

FX取引ならヒロセ通商へ

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

LINE証券

楽天証券(FX)

取引ツールが使いやすいFX業者

DMM FXは初心者向け

 


薄毛(AGA)治療薬セット

ミノキシジルタブレット+フィナロ

快眠セット

快眠セット(ユニソム・スリープジェル+メラトニン)

抗うつ剤

レクサプロジェネリック10mg

アルコール依存症サポート

アンタビュース(ジスルフィラム)500mg

TOPへもどる

-FXトレード結果・相場分析

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

2020/11/12 RCIFXトレード チャート分析動画 ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 1時間足

2021/01/08専業主夫断酒院座堕悪の断捨離FX 相場分析

投稿日:2021年1月7日 本日のFX市況 1月7日の為替相場の注目材料 FXトレード結果と相場分析動画 本日のFX市況 ドルがほぼ全面高となっているのはバイデン次期米政権の発足が確実になったことを受 …

【トレード結果】利益確定61,195円損切り41,883円米国の利上げは年内で終了その後の相場は?FXデイトレード ドル円 ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル

米連邦準備制度理事会(FRB)は今後0.75%の利上げを示唆しています その後利上げのペースを停止するとの見方が優勢です 欧州中央銀行も利上げを始めたので ユーロドルは再びパリティまでは下落しないので …

利益確定12247円RCI-FXトレード2020/07/08

トレード結果 ポンドルとオジドルをレンジの多い東京時間で取引した ポンドルもチャンスがあったが、オジドルで勝負 ナンピン1回で合計20枚 それにしても、欧州時間~米国時間にかけては逆張りが効果ない 一 …

カナカナ英語でDon’t Stop Me Now

Don’t Stop Me Now   トゥナーイ ァムゴナ ハブ マイセールフ アリル グーッターイム Tonight I’m gonna have myself a real good …

Count per Day

  • 657319総閲覧数:
  • 43今日の閲覧数:
  • 65昨日の閲覧数:
  • 39今日の訪問者数:
  • 56昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング