投資と断酒とミニマリスと

INVETSING,SOBRIETY,MINIMALIST,VEGAN and…

断酒

【断酒】過去は変えられないが未来は変えられる We can’t change the past, but we can change the future. 我们无法改变过去,但我们可以改变未来

投稿日:

日本人の2人に1人は一生のうち1度はがんになるらしい。確率で言ったら50%。酒はたばこと並んでがんの因子の代表格みたいなものだから、酒飲みが癌になるリスクは、50%よりも高いだろう。改めて言うまでもなく、酒飲みはがんになる可能性が高い。WHO(世界保健機関)は2007年に「飲酒は口腔・咽頭・喉頭・食道・肝臓・大腸と、女性の乳房のがんの原因となる」と指摘している。
人間と他の動物との違いは「他者への共感性」だと言われている。共感性は幼児期に発達し始め、人は自分の親や友人など、社会を構成する他人から共感性を学習していくことがわかっているそうだ。この共感性によって、人間は個人の抱える社会規範だけではなく、他人の道徳を理解する「共感」によって社会を発達させ、高度な文明を築くことができたとされている。
確かに、自分と関係性の深い人が、健康に悪いことをしていたら、その人の体のことを心配してしまうのは当たり前だ。十数年ぶりに合う大学時代の友人が、中年も後半に差し掛かろうというのに、相も変わらずタバコをやめられずにいるのであれば、禁煙を勧めるだろう。子どもがネットに依存していたり、妻が甘いものばかり食べていたら、気にしないようにする方が無理というものだ。
このように、友だちや家族に対しては、人間の共感性はいかんなく発揮される。しかし、自分についてはどうだろうか?
大学生の頃から、ほとんど毎日酒を飲んできた人間が、今後10年かも変わらぬペースで飲酒を続けていたら、がんにかかるのはほぼ確実だ。だからと言って、10年後の自分のことを心配して、断酒に踏み切ろうとする人はどれだけいるだろうか。未来の自分のことを想像するときに、人間は友達や家族に比べてあまりにもぞんざいに扱っていないだろうか?相手は、ほかならぬ自分自身だ。関係性で言えば、友人や家族よりも自分に近い。何といっても本人なのだから。関係性が近すぎるが故の不幸だろうか、人間は自分自身を過大評価し過ぎる。自分が交通事故に遭うわけない、自分が殺人事件に巻き込まれるわけがない、そんな根拠のない自信と同じように、自分が癌になるはずないと思ってしまう。10年後の自分に共感を持てないから、自分の飲酒習慣を変えようとしない。周りの人間に対しては共感性の高い人間が、未来の自分に対しては悲しいくらいに共感性が欠けているというのは、人間の大きな欠陥だと思う。
自分の飲酒が原因でがんにかかった人は、過去の自分を恨めしく思うだろう。「どうして、10年前の自分は断酒をしなかったんだ。」と。飲酒が癌のリスク要因だということは知っていた。けれども、自分が飲酒が原因で癌になることを想像できなかった。この過ちを犯す人は少なくないはず。考えてみれば当然の結果だ。飲酒習慣があればがんになる。誰だってわかることだ。飲酒をしていなくてもがんになることがあるのに、飲酒をしていてがんにならないことがあるだろうか?
がんにかかったと知った時に、10年前の自分に断酒をさせることはできない。もしも、今年の健康診断結果が良好だったら、今すぐ断酒を始めよう。健康な体で断酒を始められるのは、今年が最後かもしれない。過去を変えることはできないが、未来は変えることができる。今の自分は、10年後の自分にとっては過去の自分なのだから。


It is said that one out of every two Japanese people will get cancer at least once in their lifetime. In terms of probability, that’s 50%. Drinking alcohol, along with tobacco, is a leading cause of cancer, so the risk of a drinker getting cancer is probably higher than 50%. The World Health Organization (WHO) pointed out in 2007 that drinking alcohol causes cancers of the oral cavity, pharynx, larynx, esophagus, liver, colon, and breast in women.
It is said that the difference between humans and other animals is “empathy for others. Empathy begins to develop in early childhood, and it is known that we learn empathy from our parents, friends, and other people who make up our society. It is believed that this empathy has enabled humans to develop society and build advanced civilization through empathy, which is the ability to understand the morality of others as well as the social norms held by individuals.
Indeed, if a person with whom you have a close relationship is doing something unhealthy, it is natural to worry about his or her health. If I were to meet a friend from college whom I hadn’t seen in over a decade, and he or she was approaching late middle age and still couldn’t quit smoking, I would recommend that he or she quit smoking. If my child is addicted to the Internet or my wife eats too many sweets, it would be impossible for me not to worry about it.
In this way, our empathy is fully demonstrated to our friends and family. But what about ourselves?
If you have been drinking almost every day since you were a college student, and you continue to drink at the same pace for the next ten years or so, it is almost certain that you will get cancer. That said, how many of us are so worried about what will happen to us ten years from now that we are willing to give up drinking? When we imagine our future selves, do we treat them too carelessly compared to our friends and family? We are dealing with ourselves, of all people. In terms of relationship, they are closer to you than your friends and family. After all, it is you. Perhaps it is the misfortune of having too close a relationship, that we overestimate ourselves. We don’t want to change our drinking habits because we can’t empathize with ourselves ten years from now. I think it is a major human flaw that people who are highly empathetic to the people around them are sadly lacking in empathy for their future selves.
A person who gets cancer because of his or her drinking will feel bitter towards his or her past self. “Why didn’t I get sober ten years ago?” “Why didn’t I get sober ten years ago? I knew that drinking was a risk factor for cancer. I knew that drinking was a risk factor for cancer, but I could not imagine myself getting cancer from drinking. Not many people make this mistake. It’s a natural consequence when you think about it. If you have a drinking habit, you will get cancer. Everyone knows that. If you can get cancer without drinking, how can you drink and not get cancer?
You can’t make yourself give up drinking 10 years ago when you find out you have cancer. If the results of this year’s physical examination are favorable, start your sobriety now. This may be the last year you can start sobriety with a healthy body. You can’t change the past, but you can change the future. You can’t change the past, but you can change the future, because who you are now is who you will be ten years from now.

 

Translated with www.DeepL.com/Translator (free version)


每两个日本人中就有一个人在其一生中至少会得一次癌症。 这是一个50%的机会。 饮酒是最常见的癌症原因之一,与烟草一样,所以饮酒者患癌症的风险可能高于50%。 不用说,喝酒的人再次更容易得癌症:世界卫生组织(WHO)在2007年指出,”饮酒导致口腔、咽、喉、食道、肝脏、大肠以及妇女的乳腺癌”。
有人说,人类和其他动物的区别在于 “对他人的同情”。 同理心在儿童早期就开始发展,事实证明,我们从父母、朋友和其他社会成员那里学习同理心。 人们认为,这种同理心使人类能够通过同理心发展社会并建立先进的文明,同理心是理解他人的道德以及个人所持的社会规范的能力。
的确,如果与你关系密切的人做了不健康的事情,担心他或她的健康是很自然的。 如果你遇到一个十多年未见的大学同学,她已经接近中年,但仍然没有戒烟,你会建议她戒烟。 如果你的孩子沉迷于网络,或者你的妻子吃了太多的甜食,你很难不关心。
当涉及到朋友和家人时,我们的同理心就会充分展现出来。 但我们自己呢?
如果你从大学生开始就几乎每天都喝酒,并且在接下来的十年里继续以同样的速度喝酒,几乎可以肯定你会得癌症。 但是,我们中有多少人如此担心十年后我们会在哪里,以至于我们愿意放弃喝酒? 当我们想象未来的自己时,与我们的朋友和家人相比,我们是否对待他们太不小心了? 我们在谈论自己。 就关系而言,它与你的关系比与你的朋友或家人更密切。 毕竟,这是你。 也许正是因为如此接近的不幸,我们高估了自己。 我们不想改变自己的饮酒习惯,因为我们对十年后的自己没有同感。 我认为这是人类的一个重大缺陷,我们对周围的人如此有同情心,但可悲的是对未来的自己缺乏同情心。
一个人如果因为喝酒而得了癌症,就会对过去的自己感到痛苦。 “为什么我十年前没有戒掉酒?” 以此类推。 我知道喝酒是癌症的一个风险因素。 我知道喝酒是癌症的一个风险因素,但我不可能想象到我会因为喝酒而得癌症。 没有多少人犯这个错误。 这是一个自然的结果。 如果你有喝酒的习惯,你就会得癌症。 每个人都知道这一点。 不喝酒也能得癌症,但怎么能喝酒而不得癌症?
当你发现自己得了癌症时,你不能让10年前的自己放弃喝酒。 如果你今年做了很好的检查,现在就开始清醒。 这可能是你能在健康状态下开始戒酒的最后一年。 你不能改变过去,但你可以改变未来。 你不能改变过去,但你可以改变未来,因为你现在是什么就是十年后的你。

 

通过www.DeepL.com/Translator(免费版)翻译



以下の商品は個人輸入のネット通販による飲み薬です。

ご購入とご使用にあたりましては、自己責任でお願いします。

購入・使用等に関わる全ての損害について当方は一切責任を負いません。

薄毛(AGA)治療薬セット

40代男性ともなると、頭髪の薄毛が気になり始めます。

酒を飲み続けた毛根は相当ダメージを食らっている筈。

AGA薄毛治療の病院やクリニックで処方される二つの有効成分フィナスリドとミノキシジルを取り入れ、自宅で3ヶ月かけて薄毛や抜け毛を徹底的に治療していく男性向けのお買い得なセットです。

フィンサバ、ミノキシジルタブレットがセットに含まれます。

ミノキシジルタブレット+フィナロ

快眠セット

ユニソムスリープジェル+メラトニンhttps://mttag.com/s/gO63DSS5iYc

眠れない夜は睡眠ホルモンメラトニン剤で心地よい眠りへ。

ぐっすり眠れない、目が覚める、疲れが取れないなどの症状から、時差ぼけ解消も!


快眠セット(ユニソム・スリープジェル+メラトニン)

抗うつ剤

レクサプロジェネリック10mg

レクサプロジェネリックは有効成分としてエスシタロプラム5mgを含有する抗うつ薬です。
うつ病・うつ状態や社会不安障害などの様々な心の不調を改善します。


レクサプロジェネリック10mg

アルコール依存症サポート

アンタビュース(ジスルフィラム)500mg

アルコール依存症や慢性アルコール中毒など、毎日の生活にアルコールが欠かせないという方のために、脱却をサポートする薬として用いられています!


アンタビュース(ジスルフィラム)500mg

 

 

にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村



 

TOPへもどる

-断酒

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【断酒】断酒のモチベーションを維持する方法 How to stay motivated in sobriety 如何在戒酒中保持动力

私たちの体は断酒のメリットを知っています。1日、2日と断酒していくうちに、断酒のメリットは素晴らしいものだと実感します。 しかし、気がつくと1~2杯飲んでいて、いつの間にか昔の自分に戻っていて、アルコ …

【断酒】節酒は無理ゲー!断酒のほうが簡単です!Sobriety is an impossible game! Sobriety is easier!清醒是一个不可能的游戏! 清醒的时候更容易!

節酒は無理ゲー!断酒のほうが簡単です! 世の中には2種類の人間がいる お酒はほどほどに、ほどほどに…。常識ですよね。酒造メーカーは、アルコールの飲み過ぎは体に悪影響を及ぼすと警告し、節度あ …

つい酒を飲みすぎてしまうのは何故か? Why do we tend to drink too much? 为什么我们容易喝多?

つい酒を飲みすぎてしまうのは何故か? “お酒が好き”、”お酒を飲んでパーティーをするのが好き”、”楽しいからお酒を飲む!” そう …

【断酒】断酒したい人が読むべき本A book that anyone who wants to get sober should read每个想戒酒的人都应该阅读的书

断酒を考えたことのある人が読むべき本があるとすれば、それはアレン・カーの「禁酒セラピー」です。この本のキャッチコピーは「読むだけで断酒できる」なので、すでに手に取られた方も多いのではないでしょうか。こ …

女性が飲み会に参加しないことのメリット Advantages of women not going to drinking parties 女性不参加饮酒聚会的好处

女性が飲み会に参加しないことのメリット 冷静に考えれば、お酒の匂いがする場所に近づかないのは男女ともに良いことですが、お酒を避けることのメリットは特に女性に大きく、特に若い女性には「飲み会には行かない …

Count per Day

  • 632670総閲覧数:
  • 23今日の閲覧数:
  • 31昨日の閲覧数:
  • 23今日の訪問者数:
  • 26昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:
2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング