投資と断酒とミニマリスと

INVETSING,SOBRIETY,MINIMALIST,VEGAN and…

断酒

【断酒】弱さを認めることが断酒のコツ Admitting Weakness is the Key to Sobriety 承认自己的弱点是戒酒的关键

投稿日:

弱さを認めることが断酒のコツ

この記事をご覧になっている方は、これからお酒をやめようと思っている方や、過去にお酒をやめようとしたがうまくいかなかった方だと思います。禁酒を成功させる秘訣はたくさんありますが、意外なものもあります。

この記事は、飲酒問題を自覚し、断酒や禁酒をしたいと考えている人に向けたものです。特に、「自分は普通の社会生活を送っているし、アルコール依存症になっていない」と思っていても、一度飲み始めるとなかなかやめられない人に読んでもらえたら、と思っています。

さて、あたなは、『飲む量を減らそう』と思ったことはありませんか?

私も以前は同じように考えていました。飲み会では、「なんとか1~2杯だけでやり過ごすことができた」と思ったこともありました。 そんな時は達成感を感じます。しかし、翌日になると「今日はもう一杯飲んでもいいかな」と思い、いつの間にかまた大酒飲みに戻ってしまった。

依存症を正しく理解することが重要

アルコール依存症という言葉はよく耳にしますが、正しく理解している人は多くありません。前述したように、「ほどほどで飲むのをでやめられない」「飲み始めたらやめられない」というのは、深刻な症状ではなく、節度あるの見方ができていないだけだと思われていますが、この段階に達していれば、完全なアルコール依存症です。

節度のある飲み方ができないのは、意志が弱かったり、性格がだらしなかったりするからだと思われがちで、そんな人は、「自分は意志が弱くてそんなに飲めない」と思ったり、「自分はだらしない」と自己嫌悪に陥ったりすることがあります。

私は以前、健康診断で「アルコール依存症の疑いがある」と言われたことがありますが、自分の意志でお酒をコントロールできると信じていたのでとても驚きました。ちなみに、現代医学では、一度飲み始めるとやめられない人は「アルコール依存症」とされています。どんなに意志の強い優秀な人でも、一度飲み始めると自分の意志では止められない人がいるのも事実です。医師の強弱に関係なく、アルコールは薬物なので、飲み始めたらやめられなくなるのが当たり前なのです。中には、飲酒をほどほどでやめられる人もいますが、そういう人は、お酒を美味しいと感じていない場合が多いのです。アルコールを飲むと具合が悪くなってしまうので、飲みたいと思わない、飲みたいと思わないのでやめられるというわけです。この仕組みは、お酒が飲める人には機能しません。お酒が飲める人が、ほどほどでやめるというのは、基本的には不可能なことです。

私は過去20年間以上、何度も節酒に挑戦してきましたが、毎回いつの間にかアルコール依存症に戻っていました。

断酒を邪魔するのは「非依存症者」

私のように、飲み始めたら最後までやめられないという飲酒習慣があっても、社会人として普通の生活を送ることができますし、飲み会でも 「酔うと面白い人」と友人に受け入れられます。 友達に受け入れられているということは、一種の承認を与えられている事なので、そんな自分が異常だと自分自身で気づくのは難しいことです。

朝起きて、前夜の記憶が断片的であることに気付いたり、大量に飲んでも1〜2杯でやめようと思っていたのに飲みすぎてしまったということを家族や友人に話してみると、次のような答えが返ってくるかもしれません。

「酒なんて飲み過ぎるのは当たり前。」

「あなたは幸せな飲み方をしていて、誰にも迷惑をかけていないのだから問題ないよ。」

「飲み過ぎを心配するなら、飲む量を減らせば大丈夫だよ。」

これらの発言は、アルコール依存症ではない人たちからアドバイスです。

彼らがこのような発言をするのは、「飲み始めたら止められない」ということを理解できないからです。悪気はありません。アルコール依存症の人の問題の 深刻さを理解していないだけです。特に、節酒は、アルコール依存性でない人がよく口にする言葉ですが、それが不可能であることを彼らは知りません。

私は、大人になってからの20年以上は、自分の飲み方が「間違っている」とわかっていたのに、40代になるまでお酒をやめられませんでした。私がお酒をやめたのは40代になってからです。

私は、飲むのをやめようと何度も考えましたが、飲む量を減らせば大丈夫、というまわりの声に甘やかされて、お酒を完全に止めるのに時間がかかりました。別に、私の周りの人たちが悪いのではありません。悪いのは全部自分です。ただ、アルコール依存症でない人に飲酒習慣について相談してはいけません。彼らは、あなたの状況がどれほど深刻であるかを想像することができないからです。

あなたの酒の飲み方について、相談したり情報交換したりするのに最も適しているのは、専門の医療機関です。そこまではしたくないという場合は、Twitterです。アルコールの悩みをつぶやいてみてください。必ず同じ悩みを持った誰かがアドバイスをしてくれます。

アルコールが飲めない人として生きていく

以前はお酒を飲んでいて、今はやめたいと思っている人は、自分の断酒生活が人に邪魔されるのではないかと心配するかもしれません。事実、私の場合も、まわりの人たちは未だにお酒を飲み続けていますので、様々な形で誘惑をかけてきます。また、飲み過ぎは意志の弱さからくるものだと勘違いしている人も多いので、「酒もコントロールできない人」というレッテルを貼られるのは避けたいところです。

先ほど述べたように、アルコール依存症についてはあまり知られておらず、アルコール依存症の傾向がない普通の人にとっては、「飲み始めたら止まらない」というのは全く理解できません。そんな人たちを納得させるには、飲まない理由を説明するのではなく、「飲みたくないから飲まない」と言うことだと思います。最近では、「ソーバーキュリアス」という言葉が少しずつ認知されてきていますので、「カッコ悪いから飲まない」と言ってもいいと思います。

それでも、あたなの気持ちを尊重しない意見を言われたら、そんな友達とは距離を置くようにした方がいいかも知れません。以前、私のグラスに「酒は百薬の長」と言いながらビールを注いだ知人がいましたが、もう二度と合わないと決めました。彼と次に会うのは、きっと彼の葬式の時でしょう。

要するに、体質的に飲めないから飲まない!ということです。それが一番大事なことです。飲み会で酒を勧められたら「医者から止められた」「肝硬変になった」とうそをついてもいいと思います。周りの人からは、「体を壊すまで酒を飲んだなんて、バカな奴だ」と誤解されるかもしれませんが、飲みたくもない酒を、無理やり飲まされ、友だちとの関係を失ってしまうよりもましです。

まとめ

普通の人は、アルコール依存症の深刻さを理解できません。アルコール依存症の家族をもって、よほど悲惨な目に合っていない限り、普通の人はアルコール依存症の深刻さを理解していないことが多いです。

そのため、酒の悩みを相談しても、軽くあしらわれてしまい、あなたは、自分の問題と向き合う機会を逃してしまいます。ですから、お酒の飲み方に悩んでいる方は、専門のアルコール依存症センターに行くのが一番ですし、そこまではしたくないという方は、専門家が書いた本を読んだり、SNSで仲間を見つけて情報交換をするのもいいでしょう。

ただし、すでに周りの人に迷惑をかけたり、仕事に支障をきたしていたり、経済的に困窮するほど飲んでしまったりというように、深刻な問題を抱えている場合は、すぐにでも専門医療機関に相談することをお勧めします。


If you are reading this article, you are probably thinking about quitting drinking, or you have tried to quit drinking in the past but it didn’t work out. There are many secrets to successful sobriety, but some of them may surprise you.

This article is aimed at people who are aware of their drinking problem and want to abstain or stop drinking. In particular, I hope this article will be read by people who think, “I have a normal social life and am not an alcoholic,” but find it hard to stop drinking once they start.

Have you ever thought about reducing the amount you drink?

I used to think the same way. There were times when I thought, “I managed to get through a drink or two. At such times, I would feel a sense of accomplishment. However, the next day I would think, “Maybe I can have one more drink today,” and before I knew it, I was back to heavy drinking again.

It is important to understand addiction correctly

We often hear the term “alcoholism,” but not many people understand it correctly. As mentioned above, “I can’t stop drinking in moderation” and “I can’t stop drinking once I start” are not serious symptoms, but they are considered to be just a lack of moderation.

It is often thought that the inability to drink in moderation is due to a weak will or a sloppy personality, and such people may think that they are too weak-willed to drink so much, or they may fall into self-loathing thinking that they are sloppy.

I was once told during a medical checkup that I was suspected of being an alcoholic, which surprised me very much because I believed that I could control my drinking at will. Incidentally, in modern medicine, people who cannot stop drinking once they start are considered to be “alcoholics. It is a fact that no matter how strong-willed and talented a person is, there are some people who cannot stop drinking by their own will once they start. Regardless of a doctor’s strength or weakness, alcohol is a drug, and it is natural for people to be unable to stop drinking once they start. Some people are able to stop drinking in moderation, but these people often do not find alcohol to be delicious. Alcohol makes them feel sick, so they don’t want to drink, and since they don’t want to drink, they can stop. This mechanism does not work for people who can drink alcohol. It is basically impossible for someone who can drink to quit drinking in moderation.

I have tried sobriety many times over the past 20 years, and each time I have returned to alcoholism before I knew it.

The only thing standing in the way of sobriety is the “non-addict.

Even though I have a drinking habit that I can’t stop until the end of my life, I am able to lead a normal life as a member of society, and my friends accept me as someone who is interesting when drunk. Being accepted by your friends is a kind of approval, so it is difficult to realize that you are abnormal.

When you wake up in the morning and realize that your memory of the night before is fragmented, or when you tell your family and friends that you drank too much when you were planning to stop after one or two large drinks, you may get the following answer: “It’s normal to drink too much.

“It’s normal to drink too much.

“You’re a happy drinker and you’re not bothering anyone, so it’s not a problem.

“If you’re worried about drinking too much, just drink less and you’ll be fine.

These statements are advice from people who are not alcoholics.

They make these statements because they don’t understand that once you start drinking, you can’t stop. No offense intended. They just don’t understand the seriousness of the problem of the alcoholic. Sobriety, in particular, is a word that non-alcoholics often say, but they don’t know that it’s impossible.

I didn’t stop drinking until I was in my forties, even though I knew my drinking was “wrong” for over twenty years of my adult life. It wasn’t until I was in my forties that I stopped drinking.

I thought about quitting drinking many times, but it took me a long time to stop drinking completely because I was spoiled by the voices around me telling me that I would be fine if I just drank less. It wasn’t the fault of the people around me. It’s all my fault. Just don’t talk to non-alcoholics about your drinking habits. They can’t imagine how serious your situation is.

The best place to discuss and exchange information about your drinking habits is with a professional medical institution. If you don’t want to go that far, Twitter is the place to go. Try tweeting about your problems with alcohol. Someone who has the same problem will surely give you advice.

Live your life as someone who cannot drink alcohol.

If you used to drink and now want to quit, you may be worried that people will interfere with your sober life. In fact, in my case, the people around me still continue to drink and tempt me in various ways. Also, many people mistakenly believe that drinking too much is due to weak willpower, so I do not want to be labeled as someone who cannot even control his drinking.

As I mentioned earlier, not much is known about alcoholism, and for normal people who do not tend to be alcoholics, it is completely incomprehensible that they cannot stop drinking once they start. The best way to convince such people is not to explain why you don’t drink, but to say that you don’t drink because you don’t want to. Recently, the term “sober-curious” has been gradually gaining recognition, so you can say, “I don’t drink because it’s uncool.

Still, if someone gives you an opinion that does not respect your feelings, you might want to keep your distance from such a friend. I once had an acquaintance who poured beer into my glass while telling me that “alcohol is the best medicine,” but I decided not to go out with him again. The next time I see him will probably be at his funeral.

In short, I don’t drink because I am constitutionally incapable of it! That’s what I mean. That is the most important thing. If you are offered alcohol at a party, you can lie and say that the doctor stopped you from drinking or that you have cirrhosis of the liver. People around you may misunderstand that you are an idiot for drinking until your body breaks down, but it is better than being forced to drink alcohol you don’t want to drink and lose your relationship with your friends.

Conclusion

Ordinary people do not understand the seriousness of alcoholism. Unless you have a family member who is an alcoholic and you have been through a lot of misery, ordinary people often do not understand the seriousness of alcoholism.

Therefore, if you talk to them about your drinking problem, they will dismiss it lightly and you will miss the opportunity to face your problem. Therefore, if you are struggling with your drinking, the best thing to do is to go to a specialized alcoholism center. If you don’t want to go that far, you can read books written by experts or find friends on social networking sites to exchange information.

However, if you are already having serious problems, such as causing trouble to those around you, interfering with your work, or drinking to the point of financial distress, I recommend that you consult a specialized medical institution right away.


如果你正在阅读这篇文章,你可能正在考虑戒酒,或在过去曾试图戒酒但不成功。 成功戒酒的秘诀有很多,但其中一些可能会让你吃惊。

这篇文章针对的是任何意识到饮酒问题并希望节制或停止饮酒的人。 特别是,我们希望那些认为自己有正常社交生活,不是酒鬼,但一旦开始喝酒就很难戒掉的人能够阅读这本书。

你是否曾想过 “我应该少喝点”?

我以前也是这么想的。 我以前也是这样想的:”我已经设法只喝了一两杯”。在这种时候,我就会有一种成就感。 然而,第二天我就会想 “我今天可以再喝一杯”,在我意识到之前,我又回到了酗酒的状态。

正确理解成瘾性是很重要的

我们经常听到 “酗酒 “一词,但没有多少人正确理解它。 如上所述,”我无法停止适度饮酒 “和 “一旦开始饮酒就无法停止 “的症状并不严重,它们被认为只是缺乏节制,但如果你达到这个阶段,你就是一个完全的酒鬼。

人们通常认为,不能适度饮酒是由于意志薄弱或性格马虎,这种人可能认为自己意志薄弱,不能喝这么多酒,或者因为自己马虎而自责。

有一次,我在一次体检中被告知,我被怀疑是个酒鬼,这让我非常惊讶,因为我相信我可以随意控制自己的饮酒。 顺便说一下,在现代医学中,一旦开始喝酒就无法停止的人被认为是 “酗酒者”。 一个事实是,有些人,无论他们的意志力多么坚强,多么有才华,一旦开始喝酒,就不能靠自己的意志来停止。 医生是强是弱并不重要,酒精是一种药物,人们一旦开始饮酒就很难戒掉,这很正常。 有些人能够适度戒酒,但这些人往往不觉得酒精有什么味道。 酒精使他们感到恶心,所以他们不想喝酒,而且因为他们不想喝酒,他们可以停止。 这种机制对可以饮酒的人不起作用。 能喝酒的人基本上不可能适度地戒酒。

在过去20年中,我曾多次尝试戒酒,每次都在不知不觉中回到了酗酒状态。

是 “非瘾君子 “阻碍了清醒的道路

尽管我有喝酒的习惯,直到我生命的最后一刻也无法停止,但我能够作为社会的一员过正常的生活,我的朋友们也接受我这个喝醉后很有趣的人。被朋友接受是一种认可,所以很难意识到自己是不正常的。

如果你早上醒来发现你对前一天晚上的记忆支离破碎,或者你告诉家人或朋友你喝多了一两杯,而你本打算只喝一两杯的,你可能会得到以下反应

喝多了是正常的。

“你是一个快乐的饮酒者,你没有给任何人带来任何问题。

“如果你担心喝多了,就少喝一点,你就会好的。”

这些声明是来自不酗酒的人的建议。

他们说这些话是因为他们不明白,一旦你开始喝酒,你就无法停止。 无意冒犯。 他们只是不了解酗酒者问题的严重性。 特别是,他们不知道清醒,这个经常被非酒精中毒者使用的词,是不可能的。

我直到40多岁才戒酒,尽管在我成年后的20多年里,我知道自己喝酒是 “错误的”。 直到我40多岁,我才停止喝酒。

我想过很多次,但我花了很长时间才完全戒酒,因为我被周围的人宠坏了,他们告诉我,如果我少喝一点,就会没事。 这不是我周围人的错。 这都是我的错。 只是不要和不喝酒的人谈论你的饮酒习惯。 他们无法想象你的情况有多严重。

讨论和交流有关你的饮酒习惯的最佳场所是与医疗专业人员。 如果你不想走那么远,推特是个好去处。 在推特上写下你的酒精问题。 总会有遇到同样问题的人能够给你建议。

作为一个不喝酒的人过日子

如果你以前喝酒,现在想戒酒,你可能担心别人会干扰你的戒酒。 事实上,就我而言,我周围的人仍然在喝酒,他们以多种方式诱惑我。 此外,许多人错误地认为饮酒过多是由于意志薄弱,所以我不想被贴上连饮酒都无法控制的标签。

如前所述,人们对酗酒的了解并不多,对于没有酗酒倾向的正常人来说,一旦开始酗酒就无法停止,这是完全不可理解的。 我认为说服这种人的最好方法不是解释你为什么不喝酒,而是说你不喝酒是因为你不想喝。 如今,”清醒的好奇心 “一词正慢慢得到认可,所以你可以说 “我不喝酒是因为它不酷”。

尽管如此,如果有人给你的意见不尊重你的感受,你可能想尝试与这样的朋友保持距离。 我有一个熟人,他曾经把啤酒倒进我的杯子里,说 “酒精是最好的药”,我决定不再见他。 我下次见到他可能是在他的葬礼上。

简而言之,我不喝酒是因为我的体质不适合喝酒! 这就是我的意思。 这是最重要的事情。 如果在聚会上有人请你喝酒,你可以撒谎说医生阻止你喝酒,或者说你有肝硬化。 身边的人可能会误解你是个傻子,喝到身体坏掉,但总比被迫喝你不想喝的酒,和失去与朋友的关系要好。

总结

大多数人不了解酗酒的严重性。 除非你有一个酗酒的家庭成员,而且你已经遭受了很大的痛苦,否则普通人往往不了解酗酒的严重性。

因此,如果你跟他们谈起你的酗酒问题,他们会轻描淡写地不予理会,而你也会错过面对问题的机会。 因此,如果你正在与你的饮酒作斗争,最好的办法是去一个专业的酗酒中心,如果你不想走那么远,你可以阅读专家写的书,或在社交网站上找朋友交流信息。

但是,如果你已经有了严重的问题,比如对周围的人造成了困扰,影响了你的工作,或者饮酒到了经济困难的地步,我们建议你立即向专业医疗机构咨询。

通过www.DeepL.com/Translator(免费版)翻译


以下の商品は個人輸入のネット通販による飲み薬です。

ご購入とご使用にあたりましては、自己責任でお願いします。

購入・使用等に関わる全ての損害について当方は一切責任を負いません。

薄毛(AGA)治療薬セット

40代男性ともなると、頭髪の薄毛が気になり始めます。

酒を飲み続けた毛根は相当ダメージを食らっている筈。

AGA薄毛治療の病院やクリニックで処方される二つの有効成分フィナスリドとミノキシジルを取り入れ、自宅で3ヶ月かけて薄毛や抜け毛を徹底的に治療していく男性向けのお買い得なセットです。

フィンサバ、ミノキシジルタブレットがセットに含まれます。

ミノキシジルタブレット+フィナロ

快眠セット

ユニソムスリープジェル+メラトニンhttps://mttag.com/s/gO63DSS5iYc

眠れない夜は睡眠ホルモンメラトニン剤で心地よい眠りへ。

ぐっすり眠れない、目が覚める、疲れが取れないなどの症状から、時差ぼけ解消も!


快眠セット(ユニソム・スリープジェル+メラトニン)

抗うつ剤

レクサプロジェネリック10mg

レクサプロジェネリックは有効成分としてエスシタロプラム5mgを含有する抗うつ薬です。
うつ病・うつ状態や社会不安障害などの様々な心の不調を改善します。


レクサプロジェネリック10mg

アルコール依存症サポート

アンタビュース(ジスルフィラム)500mg

アルコール依存症や慢性アルコール中毒など、毎日の生活にアルコールが欠かせないという方のために、脱却をサポートする薬として用いられています!


アンタビュース(ジスルフィラム)500mg

 

 

にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村



 

TOPへもどる

-断酒

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【断酒】断酒のファーストペンギンになるメリット The Benefits of Being the First Penguin of Non Alcoholics 在清醒状态下成为第一只企鹅的好处

日本では、24時間コンビニエンスストアで簡単にお酒を買うことができます。また、未成年者への酒類の販売は法律で禁止されていますが、IDカードがなければ酒類を買えないという厳格なルールはないため、ティーン …

【断酒】断酒をどんな効果がどれくらいで現れるのか? What are the effects of sobriety and how long does it take? 清醒的效果是什么,需要多长时间?清醒的效果是什么,需要多长时间?

「断酒をするとどんな効果がいつごろ出てくるの?」 これは非常によくある質問です。人はそれぞれ違いますし、体型もそれぞれ違うので、「人それぞれ」だと思っていますが、私の個人的な経験では、こんな症状が、こ …

【断酒】過去は変えられないが未来は変えられる We can’t change the past, but we can change the future. 我们无法改变过去,但我们可以改变未来

日本人の2人に1人は一生のうち1度はがんになるらしい。確率で言ったら50%。酒はたばこと並んでがんの因子の代表格みたいなものだから、酒飲みが癌になるリスクは、50%よりも高いだろう。改めて言うまでもな …

女性が飲み会に参加しないことのメリット Advantages of women not going to drinking parties 女性不参加饮酒聚会的好处

女性が飲み会に参加しないことのメリット 冷静に考えれば、お酒の匂いがする場所に近づかないのは男女ともに良いことですが、お酒を避けることのメリットは特に女性に大きく、特に若い女性には「飲み会には行かない …

断酒は自己責任で Sobriety is a personal responsibility.清醒是一种个人责任

お酒を飲むのは個人の自由ですし、お酒から離れて禁酒するのも個人の自由です。すべてはあなた次第です。 私は以前、お酒は控えた方がいいかな、と思った時は 友人や家族に相談をしていました。 人と話をすること …

Count per Day

  • 630999総閲覧数:
  • 7今日の閲覧数:
  • 53昨日の閲覧数:
  • 7今日の訪問者数:
  • 48昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:
2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング