投資と断酒とミニマリスと

INVETSING,SOBRIETY,MINIMALIST,VEGAN and…

断酒

【断酒】アルコールをやめたらイイことしかなかった件 Quitting alcohol has brought me nothing but good things. 戒酒给我带来的只是美好的事物

投稿日:

お酒をやめたきっかけ

初めてお酒を飲んだのは25年以上前、大学生の時でした。それ以来、45歳になるまでの20年以上、ビール好きのままでした。海外旅行の際には必ずビール醸造所を訪れ、その土地のビールを飲むようにしていました。

20代の頃は、平日の夜に散々ビールを飲んでも、翌朝にはすっきりと目が覚め、仕事に行くことができました。30代になってからは、週末の夜に大量の酒を飲むと翌朝が辛く、二日酔いで一日中頭が働かず生産性が上がらないことに気付き始めました。そこから私は節酒をしようと決めましt。私の節酒とは、日曜から木曜の夜は次の日に仕事があるので一滴も飲まず、金曜と土曜の夜に大量に飲むことでした。これが10年ほど前からの私の飲み方です。
45歳くらいの時に、二日酔いどころか、飲んでから3~4日後にダルさを感じるようになりました。アルコールの影響が日々の生活に大きな影響を及ぼしてくるようになり、健康のことも考えて、お酒をやめることにしました。

お酒をやめた理由

自分が何をしたいのか分からない状態では、行動を起こすのは難しいし、たとえ行動を起こしたとしても長続きしないだろうと思います。私の断酒が続いているのは、お酒をやめようと思ったときに、明確な目的があったからだと思います。その目的とは以下の2つです。

  • 仕事とプライベートも充実させるために、体調を整える。
  • 健康な体を維持する。

20代後半から30代前半の頃は、お酒がとても好きでした。しかし、私が30代になった頃には、魅力的ではあるが厄介な遊びになっていたのです。

アルコールへの渇望

ビールを飲まなくても平気でいられる状態になるまで、半年以上かかりました。私の場合、「お酒をやめたい」から「お酒をやめる」まで半年以上かかりましたが、それは当然まだお酒を飲んでいたからです。
20代の頃は輝いていた記憶があります。しかし、40代になって体力が衰えてくると、ビールを飲む至福の時間も、翌日の頭痛やだるさ、翌朝の胃の不調など、不快な副作用を伴うようになった。
はっきりと自覚してからは、”いつまでもこのままではいけない “と思い、”お酒をやめなければいけない!”と確信しました。

断酒してよかったこと

考え始めてからお酒を止めるまでに半年かかりましたが、「酒をやめたい」という欲求があるにもかかわらず、お酒に対して良い評価をしていることがわかりました。酒は悪友のようなものです。必ずしも悪いだけの存在ではないのですが、一緒にいると駄目になってしまう。私は、悪友に別れを告げなければならないと思ったのです。

いざお酒と別れてみると、いろんないいことがありました。

お金が貯まる

多くの人は、断酒による経済的なメリットを断酒の主な理由として挙げます。飲み会の回数が格段に減るので、お酒代だけでなく、食事や飲み物代も節約できます。夜遅くまで飲んでしまい、タクシーを使わなければならないというのもよくあることです。酒をやめると、タクシー代を節約することができるようになりました。新宿から自宅まで、タクシーで8,000円くらいかかるのですが、お酒を飲んでいると8,000円という値段に感覚が麻痺してしまいますが、今考えるともったいなかったですね。もう二度とこんな無駄なことはしたくありません。

自分の体を最高の状態に保つことができる

体内にアルコールがないと、よく眠れて、体の調子もよくなります。その結果、仕事の生産性が向上します。仕事の生産性が上がれば、収入アップにはつながらなくても、仕事を効率的にこなしたり、プライベートを充実させたりすることができます。

また、趣味にも時間を割くことができます。人生でやりたいことをすべて実現するには、正気を保ち、完璧な体調を保つことが一番です。

人間関係が良くなる

お酒を飲んでいた頃は、お酒があってこそ成り立つ人間関係があることに気がつきませんでした。要するに、無駄なものを切り捨てるので、人間関係がシンプルになり、スッキリするということです。お酒を飲んでいた頃は、お酒の仲間に会いたいからではなく、単純にお酒が飲みたいからお店に行くことが多かったですね。そういう場合は、単に酒が好きという理由で縁のある人と飲みに行くことが多いです。その友人たちは、素面では20分も話せないような人たちでした。そして、その人たちと飲みに行くと、だいたい酔っぱらってしまいます。伝えられない違和感、話せない違和感を打ち消すために、無意識のうちにお酒をどんどん飲んでしまう。この頃になると、楽しみのための酒が、目の前の相手から逃げるための酒になっていました。
酒を飲まないと決めると、「友達リスト」を本当に好きな人だけにすることができます。人生は有限ですから、友達を選ぶのが一番です。

問題解決能力の向上

お酒を飲むと理論的思考力が高まるという話は聞いたことがありません。

私も以前は、お酒を飲むと思考力が低下し、考えることを放棄して「どうでもいいや」となっていました。しかし、目の前に深刻で重要な問題があるときは、お酒を飲んでいる場合ではありません。人生における大きな問題は、避ければ避けるほど、手に負えなくなります。1つ1つの課題に丁寧に向き合うことで、解決する力がついていくのです。1つずつ問題を解決していけば、自信が持てるようになります。そうやって自尊心や自信を高めていくことで、人は成長していくのです。
酒に時間を時間を費やすことで、成長の機会逃していはいけません。

Sobercurious is the best!

私は酒をやめたことを全く後悔していません。むしろ、今までで最高の決断だと思っています。
楽しく飲めて、何の問題もないのであれば何も言うことはありませんが、それが負担になってくるようであれば、お酒をやめてみることも考えてみてはいかがでしょうか。最終的に決めるのはあなたです。私は断酒をお勧めします。

How I quit drinking alcohol

The first time I drank alcohol was over 25 years ago, when I was a college student. Since then, I remained a beer lover for more than 20 years until I turned 45. Whenever I traveled abroad, I would visit breweries and try to drink the local beer.

When I was in my twenties, I could drink a lot of beer on weeknights and still wake up refreshed and ready to go to work the next morning. In my thirties, I began to notice that drinking a lot of alcohol on weekend nights made the next morning difficult, and the hangover made it difficult to think and be productive throughout the day. My sobriety consisted of not drinking a drop of alcohol on Sunday through Thursday nights because I had to work the next day, and drinking heavily on Friday and Saturday nights. This has been my way of drinking for about ten years now.
When I was about 45 years old, I started to feel dull three or four days after drinking, not just a hangover. The effects of alcohol began to have a major impact on my daily life, and I decided to quit drinking, thinking about my health.

Why did I stop drinking?

It is difficult to take action when you do not know what you want to do, and even if you do, it will not last long. I think the reason my sobriety has continued is because I had a clear purpose when I decided to quit drinking. These two objectives are as follows.

  • To get in shape so that I could have a good work and private life.
  • To maintain a healthy body.

When I was in my late twenties and early thirties, I loved to drink. However, by the time I reached my thirties, it had become an attractive but troublesome pastime.

Craving for alcohol

It took me more than six months to get to the point where I could be okay without drinking beer. In my case, it took me more than six months to go from “wanting to stop drinking” to “quitting drinking” because of course I was still drinking.
I remember I was glowing in my twenties. However, as my physical strength waned in my 40s, the bliss of drinking beer began to be accompanied by unpleasant side effects such as headaches and lethargy the next day, and upset stomach the next morning.
Once I became clearly aware of this, I thought, “I can’t go on like this forever,” and “I have to stop drinking!” I was convinced.

The good thing about being sober

It took me six months to stop drinking after I started thinking about it, but I found that despite my desire to stop drinking, I had a good opinion of alcohol. Alcohol is like a bad friend. It is not necessarily only bad, but it ruins you when you are with it. I knew that I had to say goodbye to my bad friend.

When it came time to say goodbye to alcohol, many good things came to me.

I could save money.

Many people cite the financial benefits of sobriety as the main reason for their sobriety. Since you will be drinking much less, you will save money not only on alcohol, but also on food and drinks. It is not uncommon for people to drink until late at night and have to take a cab. When I quit drinking, I am able to save money on cab fare. It costs about 8,000 yen to take a cab from Shinjuku to my house, and when you are drinking, you become numb to the price of 8,000 yen, but now that I think about it, it was a waste of money. I don’t want to waste my time like this again.

I can keep my body in tip-top shape.

Without alcohol in my body, I sleep better and my body feels better. As a result, you will be more productive at work. If you are more productive at work, even if it doesn’t lead to higher income, you will be able to do your work more efficiently and have a better personal life.

You will also be able to spend more time on your hobbies. The best way to achieve all the things you want in life is to stay sane and in perfect physical condition.

Your relationships will improve.

When I was drinking, I didn’t realize that there were relationships that were only possible because of alcohol. In short, relationships become simpler and clearer because you cut out useless things. When I was drinking, I would often go to a restaurant not because I wanted to meet my drinking buddies, but simply because I wanted to drink. In those cases, I would often go out drinking with people I had a connection with simply because I liked to drink. These friends were people with whom I could not talk for 20 minutes in a bare face. And when I go out drinking with them, I usually end up getting drunk. In order to counteract the uncomfortable feeling of not being able to communicate or talk, I would unconsciously drink more and more alcohol. By this time, drinking for fun had become drinking to escape from the person in front of me.
When you decide not to drink, you can make your “friend list” only people you really like. Life is finite, so it’s best to choose your friends.

Improves problem-solving skills

I’ve never heard that drinking alcohol improves your theoretical thinking skills.

I used to find that when I drank, my ability to think decreased, and I would abandon thinking and say, “I don’t care. However, when there are serious and important issues in front of you, it is not the time to drink. The more you avoid the major problems in your life, the more out of control they become; by carefully facing each issue one by one, you will gain the ability to solve them. This is how people grow, by building up their self-esteem and confidence.
Don’t miss out on the opportunity to grow by spending too much time drinking.

Sobercurious is the best!

I don’t regret quitting drinking at all. I don’t regret quitting drinking at all, in fact, I think it was the best decision I’ve ever made.
If you enjoy drinking and don’t have any problems, then I have nothing to say, but if it becomes a burden to you, then you might want to consider quitting drinking. The final decision is yours. I recommend sobriety.

我是如何戒酒的

我第一次饮酒是在25年前,当时我还是一名大学生。 从那时起,我在20多年里一直是啤酒爱好者,直到我45岁。 每当我在国外旅行时,我都会参观啤酒厂,并尝试饮用当地的啤酒。

当我二十多岁时,我可以在周末晚上喝很多啤酒,第二天早上醒来时神清气爽,准备去工作,但在三十多岁时,我开始注意到,如果我在周末晚上喝了很多酒,第二天早上就会很难受,会宿醉,一整天都无法思考或有成就感。 我的清醒意味着在周日至周四晚上不喝一滴酒,因为第二天要工作,而在周五和周六晚上喝得很厉害。 这已经是我大约十年来的饮酒方式。
当我大约45岁的时候,我开始在喝酒后的三四天内感到沉闷,不仅仅是宿醉。 酒精的影响开始对我的日常生活产生很大影响,考虑到我的健康,我决定戒酒。

我为什么要戒酒?

当你不知道你想做什么的时候,很难采取行动,即使你采取行动,也不可能持久。 我认为我的清醒之所以能够持续,是因为我在决定戒酒时有一个明确的目的。 这两个目标是

  • 为了健身,我可以有一个良好的工作和私人生活。
  • 为了保持健康的身体。

当我在二十多岁和三十出头的时候,我很喜欢喝酒。 但当我三十多岁时,它已经成为一种诱人但麻烦的消遣。

对酒精的渴望

我花了6个多月的时间才达到不喝啤酒也可以的程度。 就我而言,从 “想戒酒 “到 “戒酒”,我花了六个多月的时间,因为我当然还在喝酒。
我记得当我在二十多岁时,我是发光的。 然而,当我到了四十岁,体力开始下降时,喝啤酒的幸福感开始伴随着不愉快的副作用,如第二天头痛、昏昏欲睡和第二天早上的胃部不适。
一旦我清楚地意识到这一点,我就想,”我不能永远这样下去”,”我必须停止喝酒!” 我被说服了。

清醒的好处

在我开始思考这个问题后,我花了六个月的时间来戒酒,但我发现尽管我想戒酒,但我对酒精有很好的看法。 酒精就像一个坏朋友。 它不一定只有坏处,但当你和它在一起时,它会毁了你。 我知道,我必须和我的坏朋友说再见。

当我最终告别酒精时,发生了许多好事。

你可以省钱

许多人把戒酒的经济利益作为他们戒酒的主要原因。 因为你会喝得更少,你不仅会在酒上省钱,也会在食物和饮料上省钱。 人们喝到深夜而不得不乘坐出租车的情况并不少见。 当我停止喝酒时,我能够节省出租车的费用。 从新宿打车到我家大约需要8000日元,但是当你喝酒的时候,你会对8000日元的价格变得麻木,但是现在我想起来,这是在浪费钱。 我不想再像这样浪费我的时间。

我可以保持我的身体处于最佳状态

没有酒精在我的系统中,我的睡眠更好,身体感觉更好。 因此,你在工作中会有更高的效率。 如果你在工作中更有成效,你可能无法赚到更多的钱,但你将能够更有效地完成工作,拥有更好的个人生活。

你也会有更多时间用于你的爱好。 在生活中实现所有你想要的东西的最好方法是保持理智和完美的身体状况。

你的关系将得到改善

当我喝酒的时候,我没有意识到有一些关系是因为酒精才得以实现。 简而言之,关系变得更加简单和清晰,因为你剪掉了无用的东西。 当我喝酒时,我经常会去酒吧,仅仅是因为我想喝酒,而不是因为我想认识我的酒友。 在那些情况下,我经常会和与我有联系的人出去喝酒,仅仅是因为我喜欢喝酒。 这些朋友是我无法与之赤膊交谈20分钟的人。 而当我和他们一起出去喝酒时,我通常会以喝醉告终。 为了抵消无法沟通或交谈的不适感,我会不自觉地喝越来越多的酒。 这时,喝酒取乐已经变成了为了逃避眼前的人而喝酒。
当你决定不喝酒时,你可以使你的 “朋友名单 “只包括那些你真正喜欢的人。 生命是有限的,所以最好是选择你的朋友。

提高解决问题的能力

我从未听说过饮酒能提高你的理论思维能力。

我曾经发现,当我饮酒时,我的思考能力受到影响,我会放弃思考,说 “我不在乎”。 但当你面前有一个严肃而重要的问题时,就不是喝酒的时候了。 你越是回避生活中的大问题,它们就越是无法处理;你越是认真面对每个问题,你就越能解决它们。 当你一次解决一个问题时,你会变得更加自信,这就是你的自尊和自信的增长方式。
不要因为花太多时间喝酒而错过了成长的机会。

Sobercurious是最好的!

我一点也不后悔我戒酒的决定。 我一点也不后悔,事实上我认为这是我做过的最好的决定。
如果你喜欢喝酒,没有任何问题,那么我无话可说,但如果它成为你的负担,那么你可能要考虑戒酒。 最后,决定权在你。 我建议你保持清醒。


以下の商品は個人輸入のネット通販による飲み薬です。

ご購入とご使用にあたりましては、自己責任でお願いします。

購入・使用等に関わる全ての損害について当方は一切責任を負いません。

薄毛(AGA)治療薬セット

40代男性ともなると、頭髪の薄毛が気になり始めます。

酒を飲み続けた毛根は相当ダメージを食らっている筈。

AGA薄毛治療の病院やクリニックで処方される二つの有効成分フィナスリドとミノキシジルを取り入れ、自宅で3ヶ月かけて薄毛や抜け毛を徹底的に治療していく男性向けのお買い得なセットです。

フィンサバ、ミノキシジルタブレットがセットに含まれます。

ミノキシジルタブレット+フィナロ

快眠セット

ユニソムスリープジェル+メラトニンhttps://mttag.com/s/gO63DSS5iYc

眠れない夜は睡眠ホルモンメラトニン剤で心地よい眠りへ。

ぐっすり眠れない、目が覚める、疲れが取れないなどの症状から、時差ぼけ解消も!


快眠セット(ユニソム・スリープジェル+メラトニン)

抗うつ剤

レクサプロジェネリック10mg

レクサプロジェネリックは有効成分としてエスシタロプラム5mgを含有する抗うつ薬です。
うつ病・うつ状態や社会不安障害などの様々な心の不調を改善します。


レクサプロジェネリック10mg

アルコール依存症サポート

アンタビュース(ジスルフィラム)500mg

アルコール依存症や慢性アルコール中毒など、毎日の生活にアルコールが欠かせないという方のために、脱却をサポートする薬として用いられています!


アンタビュース(ジスルフィラム)500mg

 

 

にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村



 

TOPへもどる

-断酒

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

飲みたくなったときのストレス解消法 How to relieve stress when you feel like drinking again 当你想再次喝酒时如何缓解压力

飲みたくなったときのストレス解消法 以前はお酒を飲んでいたが、気分が良くなったので断酒に転じた人にとって、たまにお酒を飲みたくなるのは、ストレスが溜まっている時です。 お酒でストレスを解消して、飲み過 …

【断酒】断酒のファーストペンギンになるメリット The Benefits of Being the First Penguin of Non Alcoholics 在清醒状态下成为第一只企鹅的好处

日本では、24時間コンビニエンスストアで簡単にお酒を買うことができます。また、未成年者への酒類の販売は法律で禁止されていますが、IDカードがなければ酒類を買えないという厳格なルールはないため、ティーン …

酒で失敗をする前に酒を飲まない選択をする

過去に過度の飲酒をしたことがなく、お酒が飲める体であるにもかかわらず、お酒を飲まないことを選択しているソーバーキュリアスはたくさんいます。そんなソーバーキュリアスには、大きく分けて2つのパターンがある …

【断酒】断酒のモチベーションを維持する方法 How to stay motivated in sobriety 如何在戒酒中保持动力

私たちの体は断酒のメリットを知っています。1日、2日と断酒していくうちに、断酒のメリットは素晴らしいものだと実感します。 しかし、気がつくと1~2杯飲んでいて、いつの間にか昔の自分に戻っていて、アルコ …

【断酒】酒に勝る不摂生はない!There’s no better indulgence than alcohol!没有什么比酒精更让人放纵的了!

酒に勝る不摂生はない! 甘いものの食べ過ぎ、コーヒーの飲み過ぎ、睡眠不足 …… このような不摂生は体に悪いので、できる限り避けた方がいいでしょう。しかし、全ての不摂生をやめるの …

Count per Day

  • 630999総閲覧数:
  • 7今日の閲覧数:
  • 53昨日の閲覧数:
  • 7今日の訪問者数:
  • 48昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:
2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

アーカイブ

RSS

Powered by RSSリスティング