簡単なお金の増やし方

FX初心者でも簡単に始められるトレード手法を公開&毎日のトレード結果を解説

CFDトレード話

「ラインは右から引く」をルールに

投稿日:

移動平均線と並んで、トレンドを判断する重要な手がかりとなるのがトレンドラインです。トレンドラインは、相場が上昇トレンドであれば過去の安値と安値を結び(サポートライン)、下降トレンドであれば過去の高値と高値を結んで引く(レジスタンスライン)とされています。トレンドラインと、後ほど解説するいくつかの付随するラインは、トレードするときのポイントを教えてくれる重要な示唆となります。

ただ、移動平均線のようにチャート分析ツールなどによって自動的に引かれるわけではなく、トレンドラインはチャート上に自分の手で引く必要があります。それだけにトレンドラインの引き方には、人によって個性が出てきます。このトレンドラインの引き方によっては、トレード結果の明暗が大きく分かれることにもなりかねません。多くの方を見ていると、トレンドラインを引くとき、チャートの左側にある高値・ 安値を起点にして、右側にある高値・安値へ向かって引いているようです。チャートの左側にある高値・安値ということは、過去の高値・安値から直近の高値・安値へ向かって引いているということになります。ところが、私からすると、「左から右へと引く」という引き方は大きな間違いです。

値動きを分析するうえにおいて、重要なのは過去の高値・安値でしょうか、あるいは最近の高値・安値でしょうか。異論はあるかもしれませんが、より重要なのは直近の高値・安値であると私は考えます。人の記憶にしても、過去よりも直近のレートを覚えていることが多いでしょうし、よほど重要なチャートポイントでない限り、直近の高値・安値をより重視すべきです。そうなるとラインの引き方にしても、皆さんがよくやっているような過去を重視した「左から右へ」ではなく、直近の価格を重視した「右から左へ」であるべきではないでしょうか。

実際にラインを引いて考えてみてください。下降トレンドの起点より最近の高値を重視して引けば、そうなるのがおわかりいただけるかと思います。相場の推移を見てみると、細いトレンドライン(レジスタンスライン)近辺で抵抗を受けながら、トレンドラインを超えると、下降トレンドは一服して相場はレンジへとなっていきます。その後、トレンドラインはとくにサポートやレジスタンスになることもありません。無用の線となってしまうのです。

トレードにおいてより役に立つのは過去の高値・安値を重視して引いたトレンドラインが重要な示唆を与えてくれることもあるでしょう。ただ、より重視されるべきは、より最近の高値・安値で引かれたトレンドラインだということです。上昇トレンドでは、トレンドラインはサポートラインとして機能します。サポートラインとは、上昇トレンドのなかで押し目がつくられてもトレンドラインにタッチするところで下支えされることが多いのです。逆に下降トレンドでは、レジスタンスラインとして機能し、いったん戻しがあっても、トレンドラインのあたりが天井となり
やすい傾向があります。ですから、トレンドラインがブレイクされるとトレンド転換のシグナルとなり、相場の動きが加速されることもあります。

また、気をつけてほしいのが古いトレンドラインの取扱いです。私の場合、チャートに引いた古いトレンドラインを消さずに残しておくことも多々あります。その後、重要なサポートやレジスタンスとなることもあるからです。

-CFDトレード話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

CFDの取引コストは?

cFDは相対取引のため、業者によって手数料が大きく異なります。現在、株価指数cFDの売買手数料は全社ともに0円ですが、個別株や株価指数先物、債券のcFDは、手数料ありとなしの業者が混在している状況です …

CFDで勝つために見るべきチャートとは?

裁量でトレードするために欠かせない道具となるのがチャートです。これから本格的にトレードを始めようという人のなかには、チャートに対してアレルギーがある方もいるかもしれません。しかし、チャートは非常に優れ …

トレーダーが避けなければならない強制決済

前回の記事では「98%の損失を受けた」としましたが、実際にはそこまでの損失にい至る前に、マージンコールがかかり、その時点で追加の証拠金を差し入れることができなければ、取引を強制決済されて退場することに …

欧州指数CFDの特徴

欧州各国指数には、ドイツの「DAX指数」や英国の「FT100指数」、フランスの「CAC40指数」などがあります。 DAX指数は、フランクフルト証券取引所に上場するドイッ企業のうち、優良30銘柄を対象と …

資産運用の神手法!米国ETFを定期買付すれば間違いない?!

米国ETFをコツコツと定期買い付けする4つのメリットと 具体的方法について解説していきます 米国ETFにコツコツ自動積立というね要素をプラスすると 初心者でもできる資産運用の勝ちパターンの一つになるん …

Count per Day

  • 619225総閲覧数:
  • 43今日の閲覧数:
  • 49昨日の閲覧数:
  • 35今日の訪問者数:
  • 39昨日の訪問者数:
  • 2011年3月11日カウント開始日:
2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

アーカイブ